こだわりすぎない。食費など生活費を予算内にする方法

おはようございます。群馬県高崎市のファイナンシャル・プランナー(FP)牛込伸幸です。

「食費の割り合いが高いなあ」と感じるご家庭を見ると、食材にこだわりが強いことが結構あります。

肉は国産、野菜は有機野菜といった感じです。

もちろん、家計に余裕があれば全然いいのですが、貯金ができないとか、毎月赤字になってしまうという場合、こだわりすぎない方がいいような。

「ここはこだわりたい」というところがあってもいいんです。でも、全体的に満遍なくやるとお金がかかります。濃淡つけるといいですね。

・・・

ぼくは外国産の肉も普通に買います(EUが輸入禁止措置を取っているようなものは避けます。EUは基準がちょっと厳しいんですね。あと、鶏肉など極端に安くてその理由がわからないものも避けます)

見切り品のお肉も見た目でたいしてわからず「見切り品になりたて」みたいな雰囲気だったら買いますね。

買ってすぐに食べるか冷凍しちゃう。

ただ、野菜の見切り品はクタクタ感があるので、あまり買わないですかね。

・・・

食材を買うときは旬を意識するようにしています。

厳密には旬でなくスーパーでたくさん売っているものということです。

夏はトマト、きゅうり、なす、ピーマンなどが安くておいしいのでたくさん使います。冬は白菜や大根

ぼくはトマトが好きなのですが、冬に売っているトマトは値段も高いし味もイマイチなのであまり買いません。

彩りにミニトマトを買うくらい。

レシピ本を見ると珍しい食材を使っていることがあるのですが、それは省くか何かで代用します。マッシュルームならエリンギにしちゃうとか。

ここもこだわって完ぺきにそろえるとお金がかかってしまいます。

もちろん、本格的に作りたいときは別ですが、パエリアをつくるときに使うサフランを使うと高いので「パエリア サフランなし」などと検索すると使わなくてもできるレシピが出てきます。「マーボー豆腐 テンメンジャンなし」も。

・・・

今回はこだわりすぎないというお話でした。

予算のなかで、できるだけいいものということで日々の暮らしを楽しみましょう。こだわりを捨てると意外とうまくいくものです。

具体的な食費の管理の方法はこの記事で↓

食費は1週間単位で管理する
食費は日々同じようなペースで支出していきます。 ぼくは「毎月いくら」と予算を決めて家計を管理しているのですが、食費は1か月単位だと長すぎました。 そこで今は1週間ごとに予算を決めています。この方法を始めてから食費の管理がとても楽...

PS.
「こだわりすぎない」は食材に限らず日用品や衣類、家具家電などにもいえます。

特には好きなブランドがあると思いますが、ここはユニクロでいいよねというところがあってもいいと思います(ぼくはだいぶユニクロですが・笑)

今日のお話は以上です。最後まで読んでくださってありがとうございました。

牛込伸幸

▼シンプルに家計を管理する方法とマインド(考え方)を最初から順番にお伝えしていますメルマガ(無料)

FP事務所のご案内
https://fpushi.com/service

牛込伸幸

「お金のことを気にしないで暮らしていけたらなあ」こう思って家計の勉強を始めました。もちろん、ちゃんと管理してですよ(笑)
銀行で7年、保険代理店で3年働いた後、2009年からFP事務所を始めました。どんなご相談でもお客さまの人生全体を見渡してトータルに考えるように心がけています。
趣味はジョギングとスーパー銭湯です。
【資格】日本FP協会CFP(R)・FP技能士1級

フォローはお気軽に
疲れない節約(考え方)
スポンサーリンク
フォローはお気軽に
シンプルに家計を管理する方法:牛込伸幸FP事務所(群馬県高崎市・ズーム)
タイトルとURLをコピーしました