お金のことを考えれば考えるほど支出が増えるの対処法

おはようございます。群馬県高崎市のファイナンシャル・プランナー(FP)牛込伸幸です。

「ダイエットしよう」と思ったとき、これも食べちゃダメ、あれも食べちゃダメと、食べ物のことばかり考えると、返って食べたくなるものです(ぼくも経験あり・笑)

これはお金のやりくりも同じ。

1円でも安くとか、お買い得なものはないかな?と考えてばかりいると、逆に支出が増えてしまいます。

ガマンしすぎてストレスが溜まり、リバウンドしてしまうことも。

また、家計簿をつけるのはいいことですが、その人の状況やタイミングによっては、日々の支出を記録することで、お金に意識が行きすぎてしまうことがあります。

スポンサーリンク

お金のことを考えない方がうまく行く

もし、あなたがそう感じたなら、今はここを離れるタイミングかも。

とはいえ、一定の管理は必要です。

そこで、今月(今週)使っていいお金(予算)をお財布に入れて、「今月(今週)はこれでやりくりしよう」と考えます。

このくらいがちょうどいい。

・・・

必要なものがあれば買い、欲しいものがあれば、お財布の残高と相談して買うかどうか判断します。

「あれば買うし、なければ買わない」ということです。

「ある分で暮らせばいいよね」という、こだわりのない感じです。

こんなふうに日々の暮らしを送っていると、

「そういえば最近、なんとなくコンビニに行くことがなくなったな」

「スーパーやホームセンターでうろうろしないで、必要なものだけ買って、さっさと帰るようになったな」

「お店に行く回数が減ったな」

こうなるかもしれません。

・・・

今回は、お金のことを考えれば考えるほど支出が増えるというお話でした。

この方法でうまく行かなくなったら、今後は逆に支出内容をメモしてみます。

「ムダ使いしているつもりはないのに、どうしてお金がなくなっちゃうんだろう」

こういうときは、支出内容を把握したい気分になっているものです。その気持ちを満たしてあげます(支出を記録して内容を把握する)

そのときの状況にあわせて柔軟にやっていきましょう。

ぼくは、日頃は今月使っていいお金をお財布に入れて、軽く残高を意識しながらやりくりしています。

でも、たまに(年に1回くらいですかね。だんだん減ってきた)支出の内容を把握したい気分になって、記録しています。そして、気が済んだらやめます。

ぼくがやっている方法はこの記事シリーズを参考にしてください↓

【第1回】家計のお金は3つに分ける
ひとつの口座にお金を入れておくと、何となく使ってしまうものです。 ボーナスが出て、そのままいつもの銀行口座に入れておいたら「もうこれしかない!何に使ったんだろう?」みたいな(笑)。人はお財布や口座の残高を何とな...

今日のお話は以上です。最後まで読んでくださってありがとうございました。

牛込伸幸

▼シンプルに家計を管理する方法とマインド(考え方)を最初から順番にお伝えしていますメルマガ(無料)

FP事務所のご案内
https://fpushi.com/service

牛込伸幸

「お金のことを気にしないで暮らしていけたらなあ」こう思って家計の勉強を始めました。もちろん、ちゃんと管理してですよ(笑)
銀行で7年、保険代理店で3年働いた後、2009年からFP事務所を始めました。どんなご相談でもお客さまの人生全体を見渡してトータルに考えるように心がけています。
趣味はジョギングとスーパー銭湯です。
【資格】日本FP協会CFP(R)・FP技能士1級

フォローはお気軽に
疲れない節約(考え方)
スポンサーリンク
フォローはお気軽に
シンプルに家計を管理する方法:牛込伸幸FP事務所(群馬県高崎市・ズーム)
タイトルとURLをコピーしました