子どもの部活道具は気持ちよく買う

「たいして上手くもないのに、お金ばっかりかかるのね」

子どもの部活道具を買うとき、こんな小言をいわれたら、子どもは悲しい気持ちになりますよね。

もちろん、本気でいっているわけではないと思います。

でも、お金のことばかり考えていると、ついポロっと出でしまったり、表情や雰囲気に出してしまうかも。

・・・

お金は気持ちよく払うに限ります。

「部活のシューズがすり減っちゃった」と子どもに言われたら、シャンプーがなくなったみたいな当たり前の雰囲気で気持ちよく買ってあげましょう。

もしくは「部活はお金がかかるわね(笑)でも、がんばってるからいいか^^」みたいな明るい感じがいいでしょう。

子どもだって、お金のことは気になるもの。申し訳ないと思っているかもしれません。

もし、こんな感じで買ってもらったら、買っていいんだと思えるし、応援されていると感じるものです。

・・・

日頃からお金を大切に使っている親がこんな感じでお金を出してくれたら、お金ってかけるところにはかけていいんだと、お金に対する姿勢を学びます。

お金に対する考え方や習慣は親の影響を受けますから。

今回は「子どもの部活道具は気持ちよく買う」というお話でした。

こんな気持ちになれるように、家計もしっかり管理していきましょう。

今日のお話は以上です。最後まで読んでくださってありがとうございました。

牛込伸幸

▼家計簿なしでシンプルに家計を管理する方法と考え方を順にお届けしていますメルマガ(無料)

FP事務所のご案内

牛込伸幸

「お金のことを気にしないで暮らしていけたらなあ」こう思って家計の勉強を始めました。もちろん、ちゃんと管理してですよ(笑)。そして銀行、保険代理店で働いた後、2009年からFP事務所を始めました。趣味はジョギングとスーパー銭湯です。資格:日本FP協会CFP(R)・FP技能士1級

フォローはお気軽に
お金と上手につきあうコツ(考え方)
スポンサーリンク
フォローはお気軽に
シンプルに家計を管理する方法:牛込伸幸FP事務所(群馬県高崎市・ズーム)
タイトルとURLをコピーしました