食費は1週間単位で管理する

食費日々同じようなペースで支出していきます。

ぼくは「毎月いくら」と予算を決めて家計を管理しているのですが、食費は1か月単位だと長すぎました。

そこで今は1週間ごとに予算を決めています。この方法を始めてから食費の管理がとても楽になりました。

週1回、同じ曜日に今週の予算を食費専用のお財布に入れて、「今週はこれでやりくりしよう!」とスタート。

そのお財布にある残高を何となく意識しながら1週間やりくりします。

多少、苦しい週があっても、あと数日と思えば何とか乗り切れます(これも楽しみのうち)

これが1か月だと長すぎてそうはいきません。今月は順調か?把握もしにくい。

具体的な手順はこうです↓

スポンサーリンク

【ステップ1】食費を2つに分ける

先ほど「食費は日々同じようなペースで支出する」とお話しました。でも、お米やみそ、しょうゆといった調味料はたまにしか買いません。

これを毎週いくらと決めた予算の中でやりくりしようとすると、週によって苦しくなることがあります(特にお米を買った週)

そこで食費を2つに分けています。

  • お肉や野菜、卵といった使い切るもの(以後、日々の食材と呼びます)
  • お米や調味料など

の2つです。

スポンサーリンク

【ステップ2】1か月5週間で予算を組む

日々の食材の予算は、1か月5週間分設定します。

5週目の分は半端な数日分というほかに、予備費的な役割も果たしてくれます。

まとめると、毎月の予算はこう決めています(金額は一例です。キリのいい金額にしています)

  • 日々の食材:1週間1万円×5週間=5万円
  • お米や調味料など:1万円

→1か月の予算6万円。

【ステップ3】月末月初にすること

毎月の予算配分のとき、先ほどの例を使うと、食費全体に6万円配分します。

それを日々の食材に5万円お米や調味料などに1万円配分します。ぼくは2つ封筒を作ってそれぞれに入れています。

【ステップ4】毎週すること

週1回、自分で決めた曜日に、日々の食材用の封筒から1週間の予算1万円を出して、食費専用のお財布に入れます。

今週1週間、お財布にある残高を何となく意識しながらやりくりします(ある分でやればいいよね~と軽く)

翌週は余りを封筒に戻してリセットしてから、今週の予算1万円をお財布に入れます。

食費財布と封筒

ぼくは週末にまとめ買いするタイプなので、その買い物に行く前にこの作業をやっています。

追加の買い出しは、お財布にあるお金でします。

【ステップ5】お米や調味料の管理

お米や調味料などは自分の好きなタイミングで封筒からお金を出して買います。

ぼくはこういったものは月に1回、家の在庫をチェックして、まとめ買いしています(なくなったら買うのは意外と大変なので)

日々の食材と一緒にお米や調味料を買う場合は、一旦立て替えて、あとで清算すればいいでしょう(100円単位くらいで十分)

・・・

今回は、食費は1週間単位で管理するというお話でした。

食費が多いとお悩みの方、管理が大変という方はぜひお試しください。

今週の予算をお財布に入れて「今週はこれでやりくりしよう」というだけなのでカンタンにできますよ。

テクニカルなことをするより、意外とこういうシンプルな方法が良かったりします。

PS.
外食やお楽しみのテイクアウトは、ぼくは趣味・レジャー費にしています

食材を使い切ることが大切だと感じます。残りもので具だくさん豚汁や焼きそば、鍋など

▼家計簿なしでシンプルに家計を管理したい方はこちらメルマガ(無料)

FP事務所のご案内

牛込伸幸

「お金のことを気にしないで暮らしていけたらなあ」こう思って家計の勉強を始めました。もちろん、ちゃんと管理してですよ(笑)。そして銀行、保険代理店で働いた後、2009年からFP事務所を始めました。趣味はジョギングとスーパー銭湯です。資格:日本FP協会CFP(R)・FP技能士1級

フォローはお気軽に
食費
スポンサーリンク
フォローはお気軽に
シンプルに家計を管理する方法:牛込伸幸FP事務所(群馬県高崎市・ズーム)
タイトルとURLをコピーしました