特別支出:お金がなかなか貯まらない原因はこれ


前回は、貯金用の口座を別に作るというお話でした。

ひとつの通帳にお金を入れておくと、今いくら貯まっているのか?わからない。境界線がないと、つい使ってしまう。

貯金用の口座を別に作ることで、これを回避して家計を把握しやすくなる、というお話でした。

今回はこの続き。

・・・

生活費口座と貯金口座を分けてやっていたのですが、しばらくするとまたうまくいかないことが出てきました。

毎月いくらと予算を決めて生活したいのですが(家計の基本)、毎月はないような、ちょっと大きな支出がある月があります。

衣類のまとめ買い、家具家電、家族旅行、年払いの自動車保険や火災保険など。

こんなとき「今月は余裕があるから生活費口座から」「ないから貯金口座から」となってしまいました(たいていは後者から出すことに・笑)

これが貯金がなかなかできない、続かない原因だったりします。子どもの教育費のつみたてを始めたのに、車検で取り崩す…みたいな。


●特別支出をつくってみた

そこで、こういった支出を「特別支出」と呼んで、銀行口座を分けることにしました。

こうすることで、

・生活費は毎月一定の金額でやりくりする

・貯金は目的以外では取り崩さない

・毎月はないちょっと大きな支出は特別支出で対応(年間で管理)

と、家計の交通整理がうまくいくようになりました。


●家計のお金は3つに分ける

これで、ぼくが今やっている「家計のお金は3つに分ける」の完成です。

通帳が3つも!?と思うかもしれません。

でも、目的別に収入をそれぞれの口座に入れて、

目的ごとにそれぞれの口座からお金を使っていれば、

残高を見るだけで「今いくらある?」「あといくら使える?」がひと目でパッとわかります。

今はコンビニATMが無料で使える銀行もあるので、そういった銀行を選べば手間もそうはかかりません。

・・・

今回は、特別支出という枠をつくったというお話でした。

▶続きはこちら。3つに予算配分する:お給料が出たらする毎月ルーティン


●ご質問・感想はこちらから。お名前・メールアドレス不要です。回答はこのブログで。
https://ws.formzu.net/dist/S17730087/


●メルマガ(無料)のご登録はこちら。シンプルに家計を管理する方法を最初から順番にお届けします。読むと気持ちが楽になるとご好評をいただいています↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvpylTAoA

投稿者プロフィール

牛込伸幸
牛込伸幸FP(ファイナンシャルプランナー)
学生時代にFP資格を取り、第一勧業銀行(現みずほ銀行)とソニー銀行に7年、取扱保険会社20社以上の保険代理店に3年勤めて、2009年から群馬県高崎市でFP事務所を始めました(オンライン相談の方が多いです)。趣味はジョギングとスーパー銭湯。