家計の財布を作る:現金支出のやりくりが家計のカギ


ぼくは家計のお金を3つに分けて管理しています。銀行口座も分けています。それは、貯金・毎月の生活費・特別支出(毎月はないちょっと大きな支出)の3つ。

さらに、毎月の生活費は、

・生活費口座(口座引き落し用)

・家計の財布(食費など現金支出用)

と分けています↓


●現金支出は家計の財布

お給料が出たら貯金口座、生活費口座、特別支出口座に配分して、

生活費口座から現金で使う分を引き出して、

家計のお財布に入れるというイメージです。

(もちろん、全額は入れないです。封筒に入れて少しずつお財布に移す)

・・・

特別支出に該当する支出をしたら、買う前に特別支出口座から引き出すか、立て替えてあとから引き出すかしています。

ぼくは特別支出用のお財布や封筒は作っていません。こうすると、ちょっとした歯止めになって、ムダ使いを防ぐ効果もあります(面倒と感じる場合は、封筒を作ってタンス預金してもいいでしょう)


●現金支出の予算を決める

家計のお財布に毎月いくら移すかも決めています(現金支出の毎月の予算)

なくなったらATM…はよくないですよね(週にいくらと決めて引き出すのはOK)

毎月の予算は、食費や日用品など3か月ほどやると見えてきます(必要があればその後、見直しへ)

・・・

今回は、毎月の生活費の現金支出を管理する方法でした。

これで、家計のお金は3つに分けるはこうなります↓

・貯金口座

・毎月の生活費→生活費口座&家計の財布

・特別支出口座

「毎月の生活費」のうち、口座引き落しは生活費口座、現金支出は家計の財布という役割分担です。

▶続きはこちら。自分のお財布を作る:家計のお金と自分のお金はキッパリ分けよう!お小遣いを設定して気持ちよくお金を使う。


●ご質問・感想はこちらから。お名前・メールアドレス不要です。回答はこのブログで。
https://ws.formzu.net/dist/S17730087/


●メルマガ(無料)のご登録はこちら。シンプルに家計を管理する方法を最初から順番にお届けします。読むと気持ちが楽になるとご好評をいただいています↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvpylTAoA

投稿者プロフィール

牛込伸幸
牛込伸幸FP(ファイナンシャルプランナー)
学生時代にFP資格を取り、第一勧業銀行(現みずほ銀行)とソニー銀行に7年、取扱保険会社20社以上の保険代理店に3年勤めて、2009年から群馬県高崎市でFP事務所を始めました(オンライン相談の方が多いです)。趣味はジョギングとスーパー銭湯。