家計簿不要!生活費は銀行口座とお財布の2つで管理する

おはようございます。群馬県高崎市のファイナンシャル・プランナー(FP)牛込伸幸です。

前回は「家計のお金は3つに分ける」というお話でした。3つとは、貯金・毎月の生活費・特別支出(毎月はないちょっと大きな支出)でした。まだ読んでいない方はこちら↓

家計のお金は3つに分ける
ひとつの口座にお金を入れておくと、何となく使ってしまうものです。 ボーナスが出て、そのままいつもの銀行口座に入れておいたら「もうこれしかない!何に使ったんだろう?」みたいな(笑)。人はお財布や口座の残高を何となく意識し...

今回はこの続きです。毎月の生活費はさらに2つに分けて管理します。

スポンサーリンク

毎月の生活費は、銀行口座とお財布の2つで管理する

お給料やボーナスが出たら、貯金、毎月の生活費、特別支出に配分します。

さらに、毎月の生活費は銀行口座(生活費口座)とお財布(家計の財布)の2つで管理します。

生活費口座は住宅ローンや公共料金などが引き落しを担当します。一方、家計の財布は食費や日用品など現金支出を担当します。

例えば、毎月の生活費が30万円だった場合、生活費口座に20万円家計の財布に10万円と配分します(金額はあくまで例ですよ)

(もちろん、お財布に全額は入れないです。封筒に入れて少しずつお財布に移すなど)

スポンサーリンク

生活費口座の予算を決める。通帳が家計簿代わりにも

生活費口座に毎月いくら入れたらいいか?通帳を3か月ほどチェックすればわかります。

夏は電気代が高めなど季節によって多少の変動はあるので、少し余裕を持った予算にします。

毎月、同じ金額を生活費口座に入れて、少しずつ残高が増えれば予算が適切だとわかります。逆に、少しずつ減っていれば…ということです。

月末に口座の引き落し状況をチェックすると、通帳が家計簿代わりにもなりますね。

そして、年末に余った分は引き出して貯金します。年末年始のお金にするのもいいですね。

・・・

うっかりお金を入れるタイミングがズレてしまったなどで残高不足になると困るので、予備のお金を入れておきます。

10万円、30万円といったキリのいい金額を入れておきます(金額を通帳などにメモしておく)

この予備のお金はずっと先に使う子どもの教育費や老後資金の貯金をあてるといいと思います。

現金支出の予算を決める

食費や日用品、レジャー、お小遣いなどの現金支出も毎月の予算を決めます。予算を決めずに「なくなったらATM」では散財してしまいますよね。

毎月の予算は3か月ほどやると見えてきます。

例えば、10万円とか15万円とか取りあえずの予算を決めて、それで1か月やってみます。そして、余ったり、足りなくなって補充した場合は記録しておきます。

・・・

今回は、毎月の生活費を管理する方法でした。

どこにいくら配分するか?適切な金額を探していきましょう。

次回は、自分のお金と家計のお金の使い分け管理の方法をお伝えします。ここがゴチャゴチャになっていて苦労している方が結構いますよ↓

シンプルに家計を管理する方法【第3回】家計のお金と自分のお金はキッパリ分ける
これは主婦の方に多いのですが、自分のお小遣いを設定していないケースをよく見かけます。家計のことを思ってのことでしょう。もしくは、そもそもこういう発想がなかったのかもしれません。 いづれにしても、自分のことにお金を使わないの...

 


●ご質問・感想はこちらから。お名前・メールアドレス不要です。回答はこのブログで。
https://ws.formzu.net/dist/S17730087/

・・・

●メルマガ(無料)はこちら。シンプルに家計を管理する方法を最初から順番にお届けします。読むと気持ちが楽になるとご好評をいただいています↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvpylTAoA

●ご相談・お問い合わせなどサービスのご案内はこちら
https://fpushi.com/service

牛込伸幸

「お金のことを気にしないで暮らしていけたらなあ」こう思って家計の勉強を始めました。もちろん、ちゃんと管理してですよ(笑)
銀行で7年、保険代理店で3年働いた後、2009年からFP事務所を始めました。どんなご相談でもお客さまの人生全体を見渡してトータルに考えるように心がけています。
趣味はジョギングとスーパー銭湯です。
【資格】日本FP協会CFP(R)・FP技能士1級

フォローはお気軽に
重要な記事 家計管理
スポンサーリンク
フォローはお気軽に
シンプルに家計を管理する方法:牛込伸幸FP事務所(群馬県高崎市・ズーム)
タイトルとURLをコピーしました