家計簿不要!シンプルに家計を管理する方法(第2回:予算を配分する)

家計簿不要。シンプルに家計を管理する方法

おはようございます。群馬県高崎市のファイナンシャル・プランナー(FP)牛込伸幸です。

今日も自分のできることを、たんたんとやっていきたいと思います^^

前回は「家計のお金は3つに分ける」というお話でした。貯金、毎月の生活費、特別支出の3つでしたね。

最初から読みたい方はこちら↓
https://fpushi.com/archives/336

今回は、毎月のお給料やボーナスなどの収入を

・3つにどう配分するか?
・それぞれの予算をどう決めるか?

お話していきます。

予算配分で暮らしの満足度が決まるといっても過言ではありません。必要なお金が必要なときに貯まるか?もここで決まります。

そんな重要な「予算配分」を決めていきましょう。

・・・

でも、難しく考える必要はありません。

これからご説明する方法で予算を決めて、実際にやりながらあなたにあった予算配分を見つけていってください。

よく「貯金は収入の〇%」「食費は〇%」という目安や「食費の平均は〇〇円」といったデータを目にします。

よくわからないうちは、こういったものを参考にするのはいいと思います。

でも最終的には、自分の価値観にあった予算や配分を見つけることが大切です。

やっていくと自然にそうなりますので、そこを目指して実践していきましょう。

では、ご説明していきます。

最初は「収入」を把握して、「いくら使えるか?」確認します。

スポンサーリンク

収入を把握する

収入の安定した会社員の方と、フリーランス・自営業の方では、収入の把握の仕方が異なります。まずは会社員の方から。

 (1)会社員の場合

比較的収入の安定したサラリーマンの方は簡単です。ただ、残業代などで多少、デコボコはあると思います。

例えば、毎月の手取り収入が30万円→28万円→31万円…という場合、

低いところを取って28万円でいいでしょう(特別な事情があって低い場合は、無視していいですよ)

28万円を超えた分は「貯金」や「特別支出」に回します(なかった「つもり」貯金)

・・・

次はボーナスです。

会社員の方でも、ボーナスは安定しない場合があると思います。

ここは、ほぼ確実に見込める金額と考えてください。

過去のボーナス(口座入金額)を確認するだけでも構いません。

予習的になりますが、ボーナスは「貯金」と「特別支出」に配分します。「毎月の生活費」には回さないようにしましょう。

毎月の生活費は毎月の収入でカバーするのが家計の基本だからです。

 (2)自営業・フリーランスの場合

自分でビジネスをしていたり、業績に連動した給与体系の会社に勤めている場合、30万円→20万円→40万円…と安定しない場合があると思います。

(この金額は売上でなく経費を引いた「家計に入れられる分」と考えてください)

こんなときは「年間」で考えます。

年間で比較的安定しているなら、年間合計の「8割」程度を12か月で割った金額を毎月の予算とするといいと思います。

例えば、家計に入れられる分が年間合計が500万円の場合、

500万円×0.8÷12か月=33.33…万円から、33万円とします。

そして、この33万円を毎月のお給料のように家計に入れると管理がしやすいです(ビジネス用の銀行口座と家計の口座は分けます)

・・・

毎年の業績が安定しない場合は、先ほど「8割」とした割合を自分が「安心する」程度に下げます。

1年を終えて余裕があれば、会社員のボーナス的にその分を家計に入れてもいいですね。

収入が把握できたら、次はそれを「どういう配分で使うか?」考えます

スポンサーリンク

予算を決める

今度は、先ほど把握した収入を以下に配分していきます。

家計のお金は3つに分ける
・貯金
・毎月の生活費
(生活費口座&家計の財布)
・特別支出


予算は把握しやすいものから決めていきます。まずはいちばん簡単な「生活費口座」から。

 (1)生活費口座の予算

「生活費口座」は、住宅ローンや家賃、公共料金、塾や習い事など口座引落の担当ですね。

生活費口座は、過去の銀行口座の引き落し状況を確認すれば、簡単に把握できます。

こんな感じで書き出しもいいですね↓

画像


3か月分
くらいあれば把握できると思います。上の表では1か月の引き落しが14.3万円→15.4万円→14.4万円ですから、15万円でいいでしょう(水道の引き落しが2か月に1回だからちょっとバラつきが出ている)↓

3か月分ない場合はとりあえず今月分で計算して始めてしまってください。スタートすることが大事ですから。

・・・

電気やガスは年間で安定しない
と思います。夏と冬は高くなりますよね。

ここは年間の平均でもいいですし(だいたいでいいですよ)、高いところをとっても構いません。

水道代は自治体によっては2か月に1回の引き落しかもしれません。その場合は1か月あたりを計算してください。

「生活費口座全体で毎月〇万円」という決め方ですから、あまり細かく考えなくて大丈夫です。

このあたりもやりながら調整すればOKです。まずは予算を決めて、半年、1年やってみてください(残高不足にならないように10万円などキリのいい金額を予備で入れておきます)

いい機会ですから、スマホの料金プラン保険の見直し、動画のサブスクなど確認するといいと思います。

 (2)家計の財布(現金)の予算

先ほどの「生活費口座」が「毎月の生活費」のなかの口座引き落し担当なら、「家計の財布」は、食費や日用品といった現金担当です↓

家計のお金は3つに分ける
・貯金
・毎月の生活費→生活費口座&家計の財布
・特別支出


生活費口座の予算は、過去の通帳を見れば予算は比較的すぐに決められます。

一方、食費、日用品、レジャー、家族のおこづかいといった現金支出はそうは行きません。

これはもう「やってみる」しかありません。これがいちばん簡単です。

とりあえず予算を決めて、それを家計の財布に入れて、1か月やってみてください。

旅行のとき「空っぽにしたお財布に3万円入れて、帰ってきたときに5,000円あったら、25,000円使ったんだな」とやったことはありませんか?

これと同じです。

こんな感じでとりあえず3か月ほどやると毎月の予算が見えてきます。

この方法なら日々の支出を記録することなく、「毎月の生活費」のなかの「家計の財布」(現金支出)が簡単に把握できます。

例えば、1か月の支出が10万円→8万円→9万円となったら、毎月の予算を10万円と決めて、今度は、その金額でやりくりすることを意識してやっていきます(家計全体のバランスから必要があれば予算を減らす)

 (3)特別支出の予算

次は特別支出の予算を考えます。

特別支出とは、毎月は使わない1万円以上(または5,000円以上)の支出でした。家具家電の買い替えや家族旅行など。

毎月の生活費とは違い、特別支出は「毎月いくら」という予算の決め方はしません。

ある月もあれば、ない月もあるからです。しかも、あると金額が大きいので「毎月いくら」と決めてもうまくいきません。

・・・

そこで特別支出は「年間の予算」を決めてやりくりします。

特別支出の予算の決め方は「家計の財布」(毎月の生活費の現金担当)と同じです。「やってみる!」これしかありません。

とりあえず予算を決めて、それを特別支出の専用口座に入れて、半年、1年とやってみます。

銀行口座からお金を引き出したとき、何にいくら使ったか、メモしておくといいですね。

・・・

ただ、特別支出は「家計の財布」よりも、ブレ(変動)が大きいです。

「家計の財布」は、毎月ある程度一定の支出になります。逆に、一定になるように、予算を決めてそのなかでやりくりする「練習」をします。

一方、特別支出は、その年によってどんな支出があるか?予想しきれない面もあります。

急にエアコンや冷蔵庫が壊れる…といったことがあるからです。ひとつひとつの金額が大きいので、その分ブレも大きいです。

場合によっては、貯金を取り崩さざるを得ないケースも出てきます。これは仕方のないことです。

でも、特別支出という予算を作らなかった場合と比べると、家計の安定度と管理のしやすさは格段にアップします。

この予算がないと、ちょっと金額の大きな支出があるたびに貯金を取り崩すことになってしまいます。

これでは貯金が貯金の役割を果たせなくなってしまいます。特別支出は家計のクッション役ですね。

・・・

ただ、不思議なもので、慣れてくると決めた予算のなかで、収まるようになります。

これも残高を見ながら、買うか買わないか、何を買うか考えながらやっているからだと思います。

・ある分で暮らす
・あれば買う、なければ買わない
・あったらいいなは、なくても平気

こんな考え方です。

・・・

特別支出を確保する方法は3つあります。

①ボーナスで
②毎月つみたてる
③上記の組み合わせ(①+②)


順にご説明していきます↓

①ボーナスで

ボーナスが安定的にまとまった金額出る場合は、ボーナス(またはその一部)を特別支出にあてます。

例えば、特別支出の予算を年間100万円とする場合、ボーナスごとに50万円あてます。

②毎月つみたてる

方法の2番目は、毎月つみたて方式です。

ボーナスが不安定だったり、金額の割合が少なかったり、そもそもボーナスがない場合は、毎月の収入から特別支出をつみたてます(特別支出口座につみたて)

同じく特別支出の予算を年間100万円とする場合、毎月8万円か9万円つみたてます。

100万円÷12か月=83,333…円

③上の2つを組み合わせる

毎月のつみたてと、ボーナスを組み合わせる方法もあります。同じく特別支出の年間予算を100万円とする場合、例えば、

・毎月5万円→年間60万円
・ボーナス20万円→年間40万円

合計100万円のようにします。

 (4)毎月いくら貯金する?

貯金計画については長くなりますので、別途、以下の連載記事を読んでください。

ただ、まずはこの連載記事を読んで「家計のしくみ」を整えることを優先してください。

そうすることで、貯金できる金額を増やすことができると思います。

まずは、今やっている貯金額で、毎月の予算を暫定的に決めて、読み進めていただければと思います。

↓貯金計画のつくり方はこの記事で。読むと、必要なときに必要なお金が貯まる。そんな自分に合った貯金計画をつくることができます。

貯金計画はライフプランから「逆算」して決める
貯金の目安は「手取り収入の10~20%」とよくいわれます。家族全体(世帯)の1か月の手取り収入が30万円なら毎月3~6万円ですね。 これは、貯金を始めるキッカケとしてはいいと思います。 でも、実際にやっていると「私の場合はこ...

 

 (5)全体のバランスを整える

これまで、収入と支出・貯金それぞれの予算を考えてきました。ここでは、それぞれの予算を書き出して、全体のバランスを考えます。

収入=支出+貯金

に調整するってことですね。例えばこんな感じです。金額はあくまで例ですよ↓

毎月の収入30万円→
・貯金3万円
・毎月の生活費27万円
(そのうち生活費口座15万円、家計の財布12万円)
・特別支出0万円
ボーナス(1回)60万円→
・貯金10万円
・特別支出50万円


ボーナスは毎月の生活費には予算配分しない
学資保険や個人年金保険など貯金を兼ねて保険の保険料は「貯金」に分類

・・・

繰り返しになりますが、これはあくまで暫定的に決めた予算です。まずはこの予算で実際に生活してみて、適切な予算を見つけていきます。

そのうえでまた全体のバランスを考えます。そして、必要があれば家計の見直しをします。

無理な貯金計画を立てるなど、いきなり節約から入ると長続きしません。まずは家計のしくみを整えることに集中してください。

そして3か月やってみてください。その頃には、家計の実態がわかってきて、課題も見えてくるものです。

・・・

↓次回は、月末にすることと、まとめとして毎月のルーティンについて確認します。毎月、同じことを繰り返すことで、少しずつ適切な予算が見つかり、家計が整ってきます。

家計簿不要!シンプルに家計を管理する方法(第3回最終:毎月のルーティン)
ここまでは、 ・家計のお金を3つに分けて、 ・それぞれの予算を決めてきました。 最初から読みたい方はこちら↓ 今回は、まとめも兼ねて「毎月どんな流れで家計を管理するか?」ご説明します。大きな流れは、 【...

 


●ご質問・感想はこちらから。お名前・メールアドレス不要です。回答はこのブログで。
https://ws.formzu.net/dist/S17730087/

・・・

●メルマガ(無料)はこちら。シンプルに家計を管理する方法を最初から順番にお届けします。読むと気持ちが楽になるとご好評をいただいています↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvpylTAoA

●ご相談・お問い合わせなどサービスのご案内はこちら
https://fpushi.com/service

牛込伸幸

「お金のことを気にしないで暮らしていけたらなあ」こう思って家計の勉強を始めました。もちろん、ちゃんと管理してですよ(笑)
銀行で7年、保険代理店で3年働いた後、2009年からFP事務所を始めました。どんなご相談でもお客さまの人生全体を見渡してトータルに考えるように心がけています。
趣味はジョギングとスーパー銭湯です。
【資格】日本FP協会CFP(R)・FP技能士1級

フォローはお気軽に
重要な記事 家計管理
スポンサーリンク
フォローはお気軽に
シンプルに家計を管理する方法:牛込伸幸FP事務所(群馬県高崎市・ズーム)
タイトルとURLをコピーしました