お財布はちょっといいものを持つ。ていねいに扱うことでお金の使い方が整う

 

おはようございます。群馬県高崎市のファイナンシャル・プランナー(FP)牛込伸幸です。

ぼくは、お財布はちょっといいものを持つことにしています。

以前は「お財布なんてお金が入ればいいよね」と安ものを使っていました。

でも、そうすると気に入って使っているわけではないので、お財布を雑に扱ってしまいました。

レシートは入れっぱなし、ジーンズの後ろポケットにお財布を入れて、型崩れさせてしまっても気にならない(笑)

・・・

キッカケは30歳代前半(だったと思う)の日経新聞の日曜版の記事でした。

ある革財布の専門店さんが紹介されていました。職人さんが作ったものをそのまま売っているお店です。

記事を読むうちに、革のお財布をていねいに使うのっていいなあと感じました。

お店のホームページを見ると、ぼくが今まで使っていたお財布よりは高いけれど、予算(意識的な)の許す範囲でした。

そして、ふらっと上野にあるお店に行ってみました。

・・・

ぼくは、お財布はシンプルなものが好きです。

・余分な装飾がない

・ごっつい感じでない

・長財布(今のところ)

・お札とレシートが別々に入る場所がある

・小銭入れがある

・カード入れがある(そんなにたくさん入らなくてもいい)

こんな基準を満たすいい雰囲気のお財布が見つかりました。

・・・

使ってみるとすごく気持ちいい。そして、お財布をていねいに扱うようになりました。

お財布のなかを散らかしたくないので、レシートを速やかに出すようになりました。

お札を金額順に並べて向きをそろえて、カード類も厳選して入れるようになりました。

カバンの決まった場所に入れておくようになりました。

このお財布を使うと、お金の使い方が整う感じがします。

・・・

今回は、お財布はちょっといいものを持つというお話でした。

気に入って大切に使いたくなるものを持ちたいものです。

日経新聞に載っていたお財布屋さんはこちら。オンライン販売あり↓
https://www.mic1978.com/

牛込伸幸

「お金のことを気にしないで暮らしていけたらなあ」こう思って家計の勉強を始めました。もちろん、ちゃんと管理してですよ(笑)
銀行で7年、保険代理店で3年働いた後、2009年からFP事務所を始めました。どんなご相談でもお客さまの人生全体を見渡してトータルに考えるように心がけています。
趣味はジョギングとスーパー銭湯です。
【資格】日本FP協会CFP(R)・FP技能士1級

フォローはお気軽に
疲れない節約(考え方)
スポンサーリンク
フォローはお気軽に
シンプルに家計を管理する方法:牛込伸幸FP事務所(群馬県高崎市・ズーム)
タイトルとURLをコピーしました