疲れない節約。あれば買う、なければ買わない

何か買いたいものがあるとします。

いい感じの服を見つけたとか、新しいレストランがオープンしたとか。

ところが、月末が近いこともあって今月の予算は残りわずかです。

こんなとき、

「まあいいや」

とATMでお金を引き出して予算をオーバーしてでも買ってしまうか、それとも、

「すぐに必要なわけじゃない。来月にしよう」

とするか。

このどちらを選択するかで、その後が大きく変わってきます。

予算内でやりくりすることへのちょっとした「こだわり」です。

もちろん、緊急性の高いものは別ですよ。でも、そうでない場合は、

「待つ」

これも大切です。

お財布にあるお金と相談しながら、「あれば買う、なければ買わない」

月末で食費が苦しくなったら、数日だったらあるもので何とかするのも楽しいものです。

悲壮感やガマン漂う感じでなく、こだわりのない、たんたんとした感じでできたらいいですね。

ぼくも練習中です。

PS.
家計管理の第一歩は予算を決めて、そのなかでやりくりすることです。

やってみたい方はこの記事シリーズでお伝えしています↓

【第1回】家計のお金は3つに分ける
今回は、ぼくがやっている家計管理の方法をシリーズでお伝えします。 この方法を使うと家計簿なしで(日々の支出を記録することなく)、簡単に家計を管理できますよ。 第1回は「家計のお金は3つに分ける」というお話。では始めます↓...

今日のお話は以上です。最後まで読んでくださってありがとうございました。

牛込伸幸

▼シンプルに家計を管理する方法とマインド(考え方)を最初から順番にお伝えしていますメルマガ(無料)

FP事務所のご案内はこちら

 

YouTubeでもお話しています(1分32秒)↓

疲れない節約。あれば買う、なければ買わない。
牛込伸幸

「お金のことを気にしないで暮らしていけたらなあ」こう思って家計の勉強を始めました。もちろん、ちゃんと管理してですよ(笑)
銀行で7年、保険代理店で3年働いた後、2009年からFP事務所を始めました。どんなご相談でもお客さまの人生全体を見渡してトータルに考えるように心がけています。
趣味はジョギングとスーパー銭湯です。
【資格】日本FP協会CFP(R)・FP技能士1級

フォローはお気軽に
お金と上手につきあうコツ
スポンサーリンク
フォローはお気軽に
シンプルに家計を管理する方法:牛込伸幸FP事務所(群馬県高崎市・ズーム)
タイトルとURLをコピーしました