貧乏マインドに注意!「お金がない」といわないようにしてみる

「ママ~、これ買って!」

「うちはお金ないからダメ」

よくありがちな会話です(笑)

もちろん、本気でいっているのではないと思います。

でも、こういってしまうと、何だか残念な気持ちになりませんか?

子どもにもよくありません。

子どもって真に受けやすいので、うちはお金ないんだと思ってしまうかも。

・・・

また、こんな会話をパパが聞いたら、いい気持ちはしませんよね。

何だか自分が批判されているような気持ちになってしまうかも。

さらに、こんな会話をしていると、

「パパの稼ぎが…」

と変な方向に話が展開してしまうかもしれません。そうなると、

「ママの化粧品のせいだろ!」

と反論されちゃうかも(笑)

逆に、何もいえずにシュンとしてしまうパパさんもいます。

これでは、いい仕事はできませんよね。

・・・

これはぼくの感覚なのですが、

「お金がない」といった瞬間に、もっといえば思った瞬間に、ないんだから仕方ないよねと結論づけて、工夫しようという気持ちがなくなってしまうように思います。

「時間がない」「忙しい」というのと同じです。いわば思考停止の状態です。

・・・

夏の部活の練習中、「暑い~」とか「疲れた~」とかいって、先輩や顧問の先生にたしなめられたこと、ありませんか?

当然、真夏の部活は暑いし疲れるのですが、それをいってはおしまいです。

「お金がない」はこれと同じだと思います。

・・・

今回は「お金がない」といわないようにしてみるというお話でした。

「お金がない」を封印すると、いい方向に進むと思いますよ。

もちろん、気合いと根性でストイックに「お金がない」と絶対いわないぞ!という雰囲気ではありません。

「ある分で暮らせばいいよね」

「このお金でどう楽しもう?」

そんなリラックスしたこだわりのない雰囲気です。

いいと思った方はぜひ心がけてみてくださいね。

ただ、これには練習が必要です。練習し始めはついいってしまうと思います。

もし、いってしまったら「いかん、いかん。ある分で暮らすだよね」と自分を軽くたしなめましょう。

少しずつ考え方が染み込んでいくと思いますよ。

今日のお話は以上です。最後まで読んでくださってありがとうございました。

牛込伸幸

▼シンプルに家計を管理する方法とマインド(考え方)を最初から順番にお伝えしていますメルマガ(無料)

FP事務所のご案内
https://fpushi.com/service

牛込伸幸

「お金のことを気にしないで暮らしていけたらなあ」こう思って家計の勉強を始めました。もちろん、ちゃんと管理してですよ(笑)
銀行で7年、保険代理店で3年働いた後、2009年からFP事務所を始めました。どんなご相談でもお客さまの人生全体を見渡してトータルに考えるように心がけています。
趣味はジョギングとスーパー銭湯です。
【資格】日本FP協会CFP(R)・FP技能士1級

フォローはお気軽に
疲れない節約(考え方)
スポンサーリンク
フォローはお気軽に
シンプルに家計を管理する方法:牛込伸幸FP事務所(群馬県高崎市・ズーム)
タイトルとURLをコピーしました