ひとり暮らしの大学生・保護者のための家計入門【第0回】はじめに

ひとり暮らしを始める 大学生・専門学校生のための 家計入門講座 【第0回】

おはようございます。群馬県高崎市のファイナンシャル・プランナー(FP)牛込伸幸です。

今日も自分のできることを、たんたんとやっていきたいと思います^^

今回から、ひとり暮らしを始める大学生・専門学校生のための家計管理の方法を連載でお伝えします。学生さんはもちろん、お父さん、お母さんにも役立つ内容です。では始めます↓

ぼくが大学生になって、ひとり暮らしを始めたときの話です。親が仕送りしてくれた銀行の通帳を眺めながらこう思いました。

「このお金を使って、1か月どうやっていこう?コンビニ弁当やマクドナルドのセットの値段は知っているけれど、1か月の食費ってどのくらいなんだろう?

途中でお金が足りなくなって、ごはんが食べられないとか、家賃や電気、ガス、水道の引き落しができないとか、ならないようにしなくちゃ」

両親と一緒に暮らしていた高校生までは、自分のおこづかいがなくなっても、家に帰ればごはんがあります。

小腹が減ってコンビニで菓子パンやアイスを買うことはできなくても、晩ごはんまで我慢すれば、ごはんが出てきます。生きていくのになんら支障はありません。

でも、ひとり暮らしを始めたらそうもいきません。

金欠で月末の1週間をごはんにフリカケで過ごす。こんなのも、何ごとも経験の学生時代です。一度や二度はあってもいいと思います。でも、ちょくちょくでは困ります。

・・・

また、ぼくは、大学の陸上部に入っていました。

シューズを買ったり、試合に出かけたり、試合の帰りに飲みに行ったり…日々の生活費のほかに、こんなちょっと大きいことにも対応するお金が必要です。

バイトをして海外旅行にも行きたいし、その他、いろいろとやりたいことがありました。

それはそうです。楽しい学生時代、ひとり暮らしですから。

・・・

こういったお金のやりくりをどうやったらいいか?こんな感じで楽しくもあり、不安も感じながら試行錯誤してやってきました。

そして、たどり着いた方法がこれからご紹介する方法です。

今、ぼくがやっている家計管理の方法も、学生時代のひとり暮らしの経験がベースになっています。

・・・

両親から届いた仕送り、奨学金、自分で稼いだバイト代をやりくりして、月末までちゃんと栄養のあるごはんが食べられる。

シャンプーがなくなったら買いに行ける。髪が伸びたら美容室に行ける。家賃や電気、ガス、水道も銀行口座から引き落とされる。

さらに、

サークルに参加したり、友だちとカフェに行ったり、海外旅行に行ったり、ゼミで先生や仲間と学んだり、将来のために専門的な勉強をしたり…

こういったことを実現するためにお金をどう管理したらいいか?そんなお話をしていきます。

・・・

ひとり暮らしで身につけた家計管理のスキルは、社会人になって生かすことができます。

学校を卒業して社会に出ると、初めてのことばかりで余裕がありません。なかには、バランスを欠いて、キャッシングやカードローン(借金)を抱えてしまう若者もいます。

学生時代に家計管理の基礎をマスターしていれば、社会に出たときにいいスタートが切れます。ここにエネルギーを注がずに仕事やプライベートに集中できます。

もちろん、結婚したあとも家計の管理はますます重要になります。

そんなレバレッジの大きい技術(スキル)や考え方(マインド)をぜひ学生時代に身につけてほしいと思います。

続きはこちら↓

ひとり暮らしの大学生と保護者のための家計入門【第1回】銀行口座とお財布の使い方
それでは「ひとり暮らしを始める大学生・専門学校生のための家計入門」を始めます。今回は第1回として、家計の基本となる考え方とそれを実現するための銀行口座とお財布の使い方についてお話します。 必要なお金を別にする 「途中でお...

今日のお話は以上です。最後まで読んでくださってありがとうございました。

牛込伸幸

▼シンプルに家計を管理する方法とマインド(考え方)を最初から順番にお伝えしていますメルマガ(無料)

FP事務所のご案内はこちら

 

牛込伸幸

「お金のことを気にしないで暮らしていけたらなあ」こう思って家計の勉強を始めました。もちろん、ちゃんと管理してですよ(笑)
銀行で7年、保険代理店で3年働いた後、2009年からFP事務所を始めました。どんなご相談でもお客さまの人生全体を見渡してトータルに考えるように心がけています。
趣味はジョギングとスーパー銭湯です。
【資格】日本FP協会CFP(R)・FP技能士1級

フォローはお気軽に
連載一覧 ひとり暮らし学生
スポンサーリンク
フォローはお気軽に
シンプルに家計を管理する方法:牛込伸幸FP事務所(群馬県高崎市・ズーム)
タイトルとURLをコピーしました