家計簿は黒字か?赤字か?わかることが大事(毎月の収支)

おはようございます。群馬県高崎市のファイナンシャル・プランナー(FP)牛込伸幸です。

ぼくは仕事柄、多くの家計簿を見る機会があります。

手書きのノート、市販の家計簿、アプリ、自分で作ったエクセルなどさまざまなタイプがあります。

家計簿を見るときは、お客さまに質問して、それにお答えいただきながら見ることにしています。

(特に自作の家計簿を読み取るのは意外と大変でして。また、お聞きした方がお互いよく状況がわかりますし)

・・・

ぼくが家計簿を見るとき、まず注目するのは毎月の収支です。毎月黒字か?赤字か?ですね。

収入が多くても支出が多くて毎月赤字なら、いづれ貯金は底をつきます。

逆に、収入がそう多くなくても、工夫して黒字になっていれば持続可能な家計といえます。

ここは家計の基礎代謝みたいなところですから最も大事です。

・・・

でも、意外とここ(毎月の収支)がはっきりしない家計簿が多いんです。

支出をがんばって記録してくれていて「わが家は食費が多いですか?」「ムダなところはありますか?」といった支出項目に関するご質問をいただくことが多いです。

もちろん、ここも最終的には必要なのですが、まずは毎月の収支(黒字か赤字か)が大事です。

意外と手取り収入が記録していなかったり、支出の合計や収支が計算していないケースが多いものです。

また、収支は計算してあるものの、これだったら貯金がもっとあっていいはずというケースもよくあります。

この場合、記入漏れが原因です。

・・・

こんなときは、以下の5つのポイントをまずは把握するようにしています。

1.今月の収入がいくらで

2.支出がいくら

3.その結果、いくら貯金ができたか(貯金を取り崩したか)

また、

4.今、貯金がいくらあるか

5.借り入れはいくらあるか

家計全体のお金の流れですね。

ここがうまく流れていて全体のバランスが取れていれば、食費や趣味にお金をかけようが問題ないわけです。

・・・

この5つの数字を把握することで、家計を見直す必要があるのか?見直すとしたらどこを見直したらいいか?といったお話に進むことができます。

ちなみに、ぼくは支出をすべて記録するのはムリというスタンスです。

また、それを完ぺきでないまでも、やるのはすごく時間とエネルギーを使います。

そこで、収入を3つに分けて、そのなかでやりくりする方法でやっています。

これなら日々の支出を記録することなく、家計を把握することができます。方法を知りたい方はこちらの記事で↓
https://fpushi.com/archives/336

今回は、家計簿は毎月の収支が大事というお話でした。

細かいところにとらわれて、意外とここが抜けていることがあります。家計簿をつけている方はぜひチェックしてみてください。

牛込伸幸

「お金のことを気にしないで暮らしていけたらなあ」こう思って家計の勉強を始めました。もちろん、ちゃんと管理してですよ(笑)
銀行で7年、保険代理店で3年働いた後、2009年からFP事務所を始めました。どんなご相談でもお客さまの人生全体を見渡してトータルに考えるように心がけています。
趣味はジョギングとスーパー銭湯です。
【資格】日本FP協会CFP(R)・FP技能士1級

フォローはお気軽に
家計管理
スポンサーリンク
フォローはお気軽に
シンプルに家計を管理する方法:牛込伸幸FP事務所(群馬県高崎市・ズーム)
タイトルとURLをコピーしました