食費の平均(家族の人数・年収別)

食費の平均。家族の人数。年収別

おはようございます。群馬県高崎市のファイナンシャル・プランナー(FP)牛込伸幸です。

今日も自分のできることを、たんたんとやっていきたいと思います^^

総務省の家計調査(2020年)で食費の平均を調べました。

「食費ってどのくらい?」「うちが貯金ができないのは食費のせい?」と思ったときの参考にしてください。

単なる平均では「私の場合は?」となってしまうので、今回は家族の人数年収別のデータを選びました。

また、ぼくは外食はレジャー費に入れて管理する派なので、食費と外食を分けています。

スポンサーリンク

1か月の食費(家族の人数別)

例えば4人家族の場合。1か月あたりの食費の平均は73,387円、外食が12,314円、合わせて85,701円↓

食費の平均。世帯人数別

いかがでしたか?食費は1人が2人になると2倍…とは、ならないんですね。次は年収別↓

スポンサーリンク

1か月の食費(年収別)

平均は食費が67,587円、外食が8,853円、合わせて76,440円。

例えば500万円の場合、食費が67,925円、外食が8,124円、合わせて76,049円。

1か月の食費(年収別)

1か月の食費(年収別)2

食費(外食除く)をグラフにしてみます。年収によって少しずつ高くなっているものの、400~900万円は四捨五入すると7万円

年収別の食費グラフ

年収によって、思ったほどは食費は変わらないことがわかります。

住宅ローンの返済や子どもの教育費など支出が多いので、それほど余裕がないというのが実態かと思います。

家族の人数、年収別データをあわせて

家族の人数、年収のデータから「わが家の場合は?」を考えます。例えば4人家族で年収500万円という場合、

・4人家族の平均食費は73,387円、外食が12,314円、合わせて85,701円

・500万円の平均食費が67,925円、外食が8,124円、合わせて76,049円

2つのデータから、食費は7万円、外食が1万円、あわせて8万円くらいが目安と考えればいいでしょう。

・・・

今回は食費の平均額を見てきました。

食費は、収入の範囲で暮らせていて、必要な貯金もできているようなら、いくらでも構いません。

ただ、これができていない場合は、家計見直しのキッカケに平均データを参考に考えるのもいいと思います。

もちろん、食費は平均以上だけれど、ほかでバランスを取るというのも全然OKです。あなたの価値観にあった予算を見つけてくださいね。

食費を管理する方法はこの記事に詳しく書いています↓

食費の節約。楽に続く家計管理法【お財布・封筒・1週間単位】
ぼくは「毎月いくら」と1か月単位で予算を決めて家計を管理しています。でも、食費だけは1週間単位でやっています。 1か月だと長すぎます。 食費は毎週、毎週同じペースで支出します。1週間単で予算を決めて「この予算でやりくりし...

今日のお話は以上です。最後まで読んでくださってありがとうございました。

牛込伸幸

▼シンプルに家計を管理する方法とマインド(考え方)を最初から順番にお伝えしていますメルマガ(無料)

FP事務所のご案内はこちら

 

牛込伸幸

「お金のことを気にしないで暮らしていけたらなあ」こう思って家計の勉強を始めました。もちろん、ちゃんと管理してですよ(笑)
銀行で7年、保険代理店で3年働いた後、2009年からFP事務所を始めました。どんなご相談でもお客さまの人生全体を見渡してトータルに考えるように心がけています。
趣味はジョギングとスーパー銭湯です。
【資格】日本FP協会CFP(R)・FP技能士1級

フォローはお気軽に
食費
スポンサーリンク
フォローはお気軽に
シンプルに家計を管理する方法:牛込伸幸FP事務所(群馬県高崎市・ズーム)
タイトルとURLをコピーしました