【第2回】家を買いたい!と思ったら予算を決めてから物件を探す

全5回シリーズ「家を買いたい!と思ったら」をやっています。初回から読みたい方はこちらから↓
https://fpushi.com/archives/740

前回は、第1回「家がほしいと思ったとき、先に物件を先に見ちゃダメ!」というお話をしました。見るとほしくなっちゃうからでしたね↓
https://fpushi.com/archives/740

今回は、こうならないために、家探しをする前に事前に考えておきたいことをお話します。

それは予算を決めてから物件を見ること。

あらかじめ予算や限度額を決めておけば、自分にあった家を探しやすくなります。

スポンサーリンク

家っていくらするの?

初めての方は家がいくらするか?まったくイメージがわかないと思います。クルマならある程度、イメージがあると思いますが、家となると経験がないだけにわかりません。

3,000万円?4,000万円?5,000万円…9,000万円???という感じだと思います。100万円単位は誤差に見えてしまいます。日頃、キャベツや大根を1円でも安く!と思っているのに(笑)

そんなとき、先に物件を見て気に入ってしまうと、そんなものかな?と思ってしまうものです。

スポンサーリンク

銀行が貸してくれる額と、安心して返していける額は違う

さらに今は頭金が少なくても(ゼロでも)住宅ローンを借りられてしまいます。

銀行が貸してくれる金額と、安心して返していける金額は違います。銀行は結構な金額を貸してくれます(ムリすれば返せるくらいまで!?)

住宅展示場やモデルルームで営業の方から、

「お客さまなら銀行さんが〇〇万円まで貸してくれますから、頭金が少なくてもこの物件を手に入れられますよ」

なんていわれると、そんなものかなと思ってしまうのです。

「銀行が貸してくれるってことは、大丈夫ってことでしょ?」と思ってしまうものです。特に、その物件が欲しくなってしまっていると。

こんなとき、自分の予算や限度額を知っていれば、この物件は自分には合わないなと歯止めをかけて、いろいろな物件を見ることができます。

家の相場観を養う

家は探しているときがいちばん楽しいといわれます。

ぼくは10年以上前に家を買ったのですが、新築から中古、一戸建てやマンション、エリアもいろいろと見ました。

たくさん見るとわかるのは、家はいろいろな価格があるんだなということ。

よく名前を聞く大手ハウスメーカーからローコスト系のハウスメーカーまで建築価格はずいぶんと違うものです(もちろん、安ければいいということではありませんよ)

土地も同じ市内であってもエリア(やっぱりここがいちばん大事)や周辺環境、日当たり土地の形状などによって価格は様々です。

こうして相場観を養いながら自分の欲しい家を探し、並行して貯金をするといいと思います。目標があると貯金も楽しいものです。

・・・

今回は「家を買いたいと思ったら、予算を決めてから物件を見る」というお話でした。次回は「家は広告に出ている物件価格だけでは買えない。諸費用が必要」というお話です。これを知らないと予算を決められないので↓

【第3回】家は広告に出ている物件価格だけでは買えない:諸費用の話
全5回シリーズ「家を買いたい!と思ったら」をやっています。初回から読みたい方はこちらから↓ 前回は、第2回「家を買いたいと思ったら、予算を決めてから物件を見る」というお話でした↓ 今回は、その予算を決めるときに必...


●メルマガ(無料)

シンプルに家計を管理する方法を最初から順番にお届けします。読むと気持ちが楽になるとご好評をいただいています↓

メルマガ(無料)のご登録はこちら

 

牛込伸幸

「お金のことを気にしないで暮らしていけたらなあ」こう思って家計の勉強を始めました。もちろん、ちゃんと管理してですよ(笑)
そして銀行で7年、保険代理店で3年働いた後、2009年からFP事務所を始めました。得意は住宅ローン、家計と保険の見直し。もちろん人生全体を見渡してトータルに考えるように心がけています。
趣味はジョギングとスーパー銭湯です。
【資格】日本FP協会CFP(R)・FP技能士1級

フォローはお気軽に
住まい・住宅ローン
スポンサーリンク
フォローはお気軽に
シンプルに家計を管理する方法:牛込伸幸FP事務所(群馬県高崎市・ズーム)
タイトルとURLをコピーしました