いつの間にかない!?ボーナスを上手に活用する方法


いよいよボーナスの時期ですね^^

とはいえボーナスは、

「気が付いたらなくなってた」

「いったい、何に使ったんだろう?」

なんてことも(笑)

そこで今回は、ボーナスの賢い活用法をお伝えします。これを知るとボーナスが上手に活用できない原因とその解決策がわかります。

まずはよくある3つの失敗事例から。

スポンサーリンク

【その1】お給料口座に入れっぱなしでいつの間にかなくなっている

人は何となく残高を意識してやりくりしているものです。ほぼ無意識レベルで。

ボーナスをいつもの口座に入れたままにしておくと、何となく使ってしまいます。

その結果「気が付いたらなくなってた!」と。

スポンサーリンク

【その2】毎月の赤字をボーナスでカバーしている

月々の赤字をボーナスでカバーしているというご家庭も多いものです。

毎月毎月、銀行口座の残高が少しずつ減っていき、ボーナスでひと息つく…みたいな(汗)

ただこれは、【その1】の「気が付いたらなくなってた」よりも意識がある分、いいと思います(対策はこの後で)

【その3】せっかくだからと欲しいものを買った後に・・・

「今度のボーナスで〇〇を買おう」と楽しみにしていた場合はいいのですが、

「せっかくのボーナスだし、何か買いたいなあ」という感じだと無駄づかいになりがちです。

こんなときに限って、あとでもっと欲しいものが出てきたり、自動車保険の更新ハガキが届いたり、急にエアコンが壊れたり…

そして、子どもの教育費用の貯金を取り崩したり、クレジットカードのボーナス一括払いにする羽目に(涙)

そこで、こうならないためのボーナスの活用法をお話します。

ボーナスが出たら別口座に移す

「お給料口座に入れておいたら何となく使ってしまった」

これを防ぐにはボーナスを別の銀行口座に移せば解決。なんだかんだいっても、これがやっぱり最強(知ってても面倒でやらない人が多い)

ボーナスにはボーナスの役割りが

家計の基本は、毎月の収入で毎月の生活費をやりくりすることです。

これをシンプルに実践するために、お金の流れの交通整理をします。

お給料口座は住宅ローンや家賃、公共料金、食費、日用品など毎月の生活費用として(毎月の収入で毎月の生活費をやりくり)

ボーナスは別口座に分けて、毎月はないようなちょっと大きい支出用にします。

ぼくはこれを「特別支出」と呼んでいます。家具家電や衣類のまとめ買い、家族旅行、年払いの自動車保険や火災保険などです。

金額の基準は5,000円か1万円以上でいいでしょう。どちらでもいいのですが、基準を決めることが大切です(試してみて合う方を採用すればOK)

毎月の赤字の原因

毎月の赤字は「特別支出」的な支出が原因であることも多いです。

特別支出とはいっても、日々暮らしていけば、ちょっと大きな支出は「ちょくちょく」あるものです。

(リーマンショックのとき「100年に一度といわれる経済危機は10年に1回やってくる」という名言がありました)

季節が変われば服も必要になります。部活だ塾の夏期講習だ冬期講習だと何かとお金もかかります。

それを毎月の収入のなかでやりくりしようとしても、何もない月はいいですが、そうでない月はオーバーしてしまいます。

これが毎月の家計が赤字になる原因かもしれません。

毎月の生活費と特別支出を分けることで、毎月の生活費は意外と少なかったと気づくかもしれません。そして、

・毎月の収入→毎月の生活費

・ボーナス→特別支出

という役割分担、お金の交通整理ができます。

さらに、毎月の生活費はいくら、特別支出はボーナスごとにいくら(年間でいくら)と予算を決めて管理することができます

・・・

今回はボーナスの活用法についてお伝えしました。いいと思った方は今度のボーナスから試してみてくださいね^^

PS.
ぼくのようにボーナスがない方は、特別支出のつみたてをします。

【お知らせ】
貯金計画をつくる方法をお伝えする講座を始めます。2020年12月13日(日)まで特別価格でご案内します。興味のある方はメルマガでご案内しますので登録しておいてください↓

・・・

●メルマガ(無料)はこちら。シンプルに家計を管理する方法を最初から順番にお届けします。読むと気持ちが楽になるとご好評をいただいています↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvpylTAoA

●ご相談・お問い合わせなどサービスのご案内はこちら
https://fpushi.com/service

牛込伸幸

「お金のことを気にしないで暮らしていけたらなあ」こう思って家計の勉強を始めました。もちろん、ちゃんと管理してですよ(笑)
そして銀行で7年、保険代理店で3年働いた後、2009年からFP事務所を始めました。得意は住宅ローン、家計と保険の見直し。もちろん人生全体を見渡してトータルに考えるように心がけています。
趣味はジョギングとスーパー銭湯です。
【資格】日本FP協会CFP(R)・FP技能士1級

フォローはお気軽に
家計管理
スポンサーリンク
フォローはお気軽に
シンプルに家計を管理する方法:牛込伸幸FP事務所(群馬県高崎市・ズーム)
タイトルとURLをコピーしました