貯金口座を作る:ムダ使いしているつもりはないのに、なぜか貯まらない人におすすめ


ひとつの通帳にお金を入れておくと、何となく使ってしまうものです。

特にボーナスは振り込まれてそのまま口座に置いておくと、「あれっ、もうこれしか!何に使ったんだろう?」となりがちです(笑)

そこでおすすめは、生活費と貯金を分けること。貯金用の口座を別に作ることです。


●給料日にすること

お給料が出たら、貯金したい分は貯金口座に入金します。貯金の基本は先に引いてしまうこと。残ったら貯金しようと思ってもできないものです。

「できるだけ節約して…」と考えるよりも、先に貯金して「残った分で暮らそう」とやった方がうまくいくし、気持ちも楽です(これかなり大事)


●お金に色をつける

貯金口座を別に作ることで、生活費と貯金に境界線ができます。

・今いくら貯金があるか?

・目標に対して順調か?(例:クルマ、家、教育費)

貯金用の口座の残高をチェックすれば、これがひと目でわかります。目標に向けて少しずつ残高が増えていくと、充実感と自信が生まれます。

専用の口座を作っているので、安易に取り崩すこともなくなります。「これは子どもの大学の教育費だもんね」と。

・・・

昔から言われるシンプルな方法ですが、やっぱりこれが最強です。

PS.
貯金口座は複数作っても構いません。クルマ、家、教育費など目的別に。定期預金、投資信託など商品ごとに銀行や証券会社を分けることもあると思います。

次の記事はこちら。特別支出:お金がなかなか貯まらない原因はこれ


●ご質問・感想はこちらから。お名前・メールアドレス不要です。回答はこのブログで。
https://ws.formzu.net/dist/S17730087/


●メルマガ(無料)のご登録はこちら。シンプルに家計を管理する方法を最初から順番にお届けします。読むと気持ちが楽になるとご好評をいただいています↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvpylTAoA

投稿者プロフィール

牛込伸幸
牛込伸幸FP(ファイナンシャルプランナー)
学生時代にFP資格を取り、第一勧業銀行(現みずほ銀行)とソニー銀行に7年、取扱保険会社20社以上の保険代理店に3年勤めて、2009年から群馬県高崎市でFP事務所を始めました(オンライン相談の方が多いです)。趣味はジョギングとスーパー銭湯。