保険の書類を1冊のファイルで管理する方法


今回は、保険証券をスッキリ管理する方法をお伝えします。

保険に入るといろいろな書類を渡されますよね。特に約款は電話帳並みだったり(汗)

また、年に1回くらい契約内容の書かれた書類が郵送されてきます。

保険は書類の管理が大変です。これからご紹介する方法を使うと、

・どんな保険に入っているか一目でわかる
・必要なものとそうでないものが区別できる
・ファイル1冊で保険証券を管理できる

となります。では、具体的にご説明します。


●最低限必要なものを1冊のファイルに入れる

まず、保険に関する書類をすべて集めます。

そして、このなかから最低限必要なものを選んで1冊のファイルに入れます。

最低限必要なものとは、1つの保険ごとに、

・保険証券
・設計書(個別の保障内容が書かれたもの)
・パンフレット(商品の内容をわかりやすくコンパクトにまとめたもの)
・契約内容のお知らせ(保険会社から年に1回郵送されてくるもの。最新のみ)

あたりでいいでしょう(分厚い約款はファイルに入れず別のところに保管)

保険を選んでいるときにもらった契約しなかった設計書やパンフレットなど、必要ない書類も一緒に保管されているのをよくみかけます。

必要ないと思ったものは捨てましょう。これがゴチャゴチャする原因です。

・・・

クリアファイルの構成は、

1ページ目:保険の一覧
2ページ目~:保険ごとのページ(1枚1保険契約)

1ページ目の保険の一覧には、こんなことを書きます。
(面倒なら保険会社名と商品名だけでも十分です)

↓見本です。


・保険会社名
・保障の種類(例:生命保険、医療保険、がん保険、学資保険など)
・被保険者(保障の対象)
・保障の金額(例:3000万円、1日1万円など)
・保障の期間(例:終身、60歳、10年など)
・保険料払込期間(いつまで保険料を払うか)
・保険料(例:毎月5,000円など)

詳しくは保険ごとのページを見ればいいのでこのくらいでいいでしょう。

2ページ目以降の保険ごとのページは、1ページ目の保険の一覧の順にさきほど選んだ必要最低限の書類を1枚1保険商品で入れていきます(ここがポイントです)


●契約後に保険会社から送られてくる書類の処理

年に1回ほどのペースで、保険会社から契約内容を確認するための書類が郵送されてきます。

これは、最新のものをファイルに入れて、古いものは捨てます。

また、広告的な書類も送られてきますが、必要ないものはファイルには入れないようにします。

届いたものを何となく入れておくと、ファイルがすぐにパンパンになってしまいます。

こうして、スリムなクリアファイルを維持していきましょう^^

詳しくはぼくの講座でご説明いています(1,000円。2020年6月現在)↓
https://sites.google.com/site/hokensyoruisukkiri/



牛込伸幸FP事務所
https://fpushi.com/


Follow me!