コロナ疲れ?集中できない、やる気が出ないときの対処法


「最近、何もする気が起きない」

「何をやっても集中できない」

という声を聞きます。これ、コロナ疲れかもしれません。

実はぼくも少し前になりました(笑)

ブログの記事を書こうとしても思いつかない、書き出したけど続かない…(日頃からちょいちょいあるけど・笑)

何だかパワーがないんですね。

今回は、そんなとき、ぼくがやってよかったことを3つお話します。


●運動不足だった

まず一つ目は運動です。外出自粛で極端な運動不足になっていました。

日頃、まとまった運動は週末と平日1日くらいしかしないのですが、自転車であっちこっち動き回っています。

でも、今はそれがない。

ジョギングして一汗かいたらすごくスッキリしました。

そうそう、これを求めていたんだよ(笑)

そのあと、シャワーを浴びて世界陸上の録画を流しながらストレッチをしています。

・・・

ジョギングのほか、散歩を朝起きてすぐ、お昼ごはんと晩ごはんのあとにやっています。近所を15分ほどです。

朝、起きてすぐ太陽の光を浴びると、夜の睡眠にもいいそうです。

腕まくりをして光を浴びるとビタミンDができるみたいだし。

夜の散歩はここ数日、日中は暑いのですごく気持ちがいいです。

あとは、コーヒーを飲むのにお湯を沸かすときなど、腕立て、スクワット、腹筋、トランポリン、

寝る前にはストレッチや筋膜リリースなどをやっています。

相当、カラダが硬くなってます(今に始まったことでない)

これを機会にカラダの立て直しをしています。

トリガーポイント
https://amzn.to/35vqjWh


●情報疲れ

コロナの当初、つい情報を見過ぎてしまいました。

特にテレビのニュースはネガティブな情報が溢れています。

「最新情報」といわれると、つい見てしまいます(気づくと1時間。残るのは疲労感)

・・・

自分がいいと思う情報源を1つ定期的にチェックすれば十分ではないでしょうか。

NHKの朝のニュースを冒頭15分見れば、大事なことは入ってます。

もしくは、意識して見なくても、勝手に入ってくる情報だけでもこと足ります。

コロナ疲れで病む人・病まない人の決定的な差(精神科医:樺沢紫苑さんの記事)東洋オンライン↓
https://toyokeizai.net/articles/-/347671

ご紹介しておいてなんですが、記事を読んだ後のネットサーフィンに注意してくださいね。これがまさに情報疲れの原因(経験済み・笑)


●会話

ぼくは日頃、家計相談や家庭教師を1日6時間ほどやっています。

外出自粛の当初、これが激減しました。

しばらくして、ZOOMでやるようになって、会話の重要性に気づきました。

話すとスッキリする!

人と会話できる方が当然いいと思いますが、音声教材を録音したり、英文の音読で声を出すことも効果がありました。

なんかしゃべればいいようです。運動と同じかなと。

・・・

今回はコロナ疲れの対処法でした。

●メルマガ(無料)
家計の基本について、最初から順番に体系的に学びたい方におすすめ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvpylTAoA

牛込伸幸
CFP・FP技能士1級
https://fpushi.com/

※本コラムは、執筆者の知識や経験に基づいた解説を中心に、分かりやすい情報を提供するよう努めておりますが、その内容について、当事務所が保証するものではございません。

Follow me!