【note】幼稚園~大学の教育費を準備する方法


「子どもが生まれたので、教育費のつみたてを始めたいのですが…」

「教育費の貯金をまだ全然していなくて…」

ぼくは日頃、お客さまの家計のご相談にお応えしています。

教育費の準備についても、よくご相談いただきます。

ぼくの住む群馬県は大学が少ないので、東京などの大学にアパートを借りて通う可能性も高くなります。

例えば、私立大学の文系学部にアパートを借りて通う場合、平均データによると4年間で約1,000万円かかります。

これだけの金額を毎月のお給料やボーナスから出すのは難しいですよね。

日頃の生活にもいろいろお金がかかります。家電が壊れたり、車検が来たり…

さらに、子どもが2人いて、大学に通う時期が重なることもあります。

がんばって節約して…というレベルではありません。

・・・

一方、東京など大学の多い地域に住んでいる場合も、

自宅から大学に通える可能性は高いとはいえ、決して楽ではありません。

(私立大学の文系学部に自宅から通った場合の平均は約700万円です)

中高一貫の私立に通うケースも多く、中学受験は塾代もかかります。

マイホームの価格が高いので、住宅ローンの返済額も大きいものです。

・・・

教育費は子どもが生まれた瞬間に「いつ」「いくら」必要か?わかる資金です。

時間を味方につけて長期的、計画的に準備を進めたいものです。

理想は「子どもが生まれたらすぐ」です。できるだけ子どもが小さいうちから始めたい。

ただ、まだ準備をしていない方も悲観する必要はありません。

気づいた今が始めるチャンスです。先延ばしすればするほど大変になります。

できることをやっていきましょう。

・・・

「大学は1,000万円かかりますよ」みたいな話をテレビや雑誌で知ると、漠然とし過ぎていて「へえ~ずいぶんかかるんだなあ」で終わってしまうものです。

でも、子どもが中学生や高校生になって、大学や専門学校に行きたいとなったら、やっぱり行かせてあげたいと思うものです。

でも、準備する期間が短いと対応できません。

そして、大学の教育費が足りないからといって教育ローンのお世話になると、自分たちの老後資金の準備が遅れます。

最近は子どもが奨学金を借りて大学に進学するケースも増えています。

大学生(昼間部)の約49%が利用しています。

日本学生支援機構「平成28年度学生生活費調査」
https://www.jasso.go.jp/about/statistics/gakusei_chosa/index.html


ムリのない範囲であれば、子どもにとってもいい社会勉強になると思います。

でも、金額が大きすぎると子どものその後の暮らしを圧迫します。

クルマを買うお金が貯められない(自動車ローン)

→結婚資金が貯められない

→マイホームの頭金が貯まらない(住宅ローンが高額に)

→教育費が貯められない…老後資金が貯められない

と悪循環に陥ってしまいます。

人生全体のお金のやりくりが最初から狂ってしまいます。

・・・

今回は教育費の実情を知っていただいて、

「これでやっていこう!」と思える貯金計画が作れるようサポートします。

これを読むことで、

・子どもが小さいとき、どんな進路を想定して貯金の目標額を決めたらいいか?

・高校卒業後、大学や専門学校に通う子どもの割合は?

・大学の教育費はいくらかかるのか?国立、私立、文系、理系、自宅、自宅外では?

・子どもが大学に入るまでに(高校3年生までに)、いくら貯めたらいいか?

・幼稚園から高校までの教育費と、大学や専門学校などの教育費をどうバランスをとって貯金をしたらいいか?

・子ども2人の大学進学が重なる時期はどうしたらいいか?

・子どもが小さいうちはママが働けないので、どうやって貯めていったらいいか?

・奨学金はどのくらい借りて大丈夫?

こういった疑問や悩みを解消することで、自信と安心感を持って教育費の準備や日々の暮らしを送ることができるようになります。

続きはnoteで↓
https://note.com/simplekakei/n/nb5a8ec3cf9a7

Follow me!