「決めた予算を守れない」ときの練習法

決めた予算を守れない!ときの練習法

おはようございます。群馬県高崎市のファイナンシャル・プランナー(FP)牛込伸幸です。

今日も自分のできることを、たんたんとやっていきたいと思います^^

「決めた予算が守れない」というご相談をよくいただきます。これ、なかなか難しいですよね。

そこで今回は、簡単にできる練習方法をお伝えします。

この方法で練習することで、無理することなく自然とお金の使い方が整ってきますよ^^

では、さっそく始めます。

・・・

「決めた予算を守れない」という方のお話を聞くと、日々の支出を記録して、月末に集計している方が多い。

現状を把握することは大切。でも、この方法では、月末に家計簿をつけるまで「今月は予算内に収まったのか?」わかりません。

日頃できるのは「できるだけ節約しよう」と意識することくらい。

日々、支出を記録して集計するのは大変だし…

・・・

家計簿アプリを利用している方も多いです。

小まめに入力していれば、今いくら使ったか?自動で集計してくれます。

でも、入力が遅れたり漏れたりすると機能しません。

「今度こそ!」と思って、何度かチャレンジするんだけど、結局、三日坊主で…ということも。

・・・

そこでおすすめは、使っていいお金をお財布に入れて、その残高を何となく意識しながらやりくりする方法。

「あといくらあるか?」はいちいち確認しなくても、レジでお金を払うとき、お財布を見ることになるので、だいたいわかりますよね。

この方法なら、月の途中で「今月はいいペースだぞ」「ちょっと使いすぎてるな」といったこともわかります。

・・・

さらに、日々の支出を記録して集計することなく、今月はいくら使ったか?簡単にわかります。

例えば、最初に10万円入れて、月末に1万円残っていれば、今月は9万円使ったと一発でわかる。

・・・

今回は予算を守るための練習法についてお話しました。

「決めた予算が守れない」という場合、まずはリアルな現金で練習する方がいいと思いますよ。

シンプルだけど効果的。

しばらく続けると「収入の範囲で暮らす」「ある分で暮らす」ことが自然とできるようになってきます。

使っていいお金をお財布に入れて、残高を 意識して暮らそう

今日のお話は以上です。最後まで読んでくださってありがとうございました。

牛込伸幸

▼シンプルに家計を管理する方法とマインド(考え方)を最初から順番にお伝えしていますメルマガ(無料)

牛込伸幸

「お金のことを気にしないで暮らしていけたらなあ」こう思って家計の勉強を始めました。もちろん、ちゃんと管理してですよ(笑)
銀行で7年、保険代理店で3年働いた後、2009年からFP事務所を始めました。どんなご相談でもお客さまの人生全体を見渡してトータルに考えるように心がけています。
趣味はジョギングとスーパー銭湯です。
【資格】日本FP協会CFP(R)・FP技能士1級

フォローはお気軽に
家計管理
スポンサーリンク
フォローはお気軽に
シンプルに家計を管理する方法:牛込伸幸FP事務所(群馬県高崎市・ズーム)
タイトルとURLをコピーしました