書評「デジタル・ミニマリスト」本当に大切なことに集中する(カル・ニューポート)

書評「デジタル・ミニマリスト」本当に大切なことに集中する(カル・ニューポート)

おはようございます。群馬県高崎市のファイナンシャル・プランナー(FP)牛込伸幸です。

今回は「デジタル・ミニマリスト」(本当に大切なことに集中する)の感想です。

この本は、作家でジョージタウン大学准教授(コンピューター科学)のカル・ニューポートさんが書いた本。

筆者は学業や仕事をうまくこなして生産性を上げ充実した人生を送るためのアドバイスをブログに書いています。

こんな背景のある方なので、学者さんが書いた本ですが読みやすい。

ぼくは数年前にこの本を読んだと思うのですが、本棚を整理していて何となく気になって手に取ってみました。

読み直してみて、実践できたこともあったけれど、元に戻っていたところもあるなあと。だから気になったのかも。

では始めます。

スポンサーリンク

スマホ依存の正体

この本は、サブタイトルにもある通り、ネットやスマホと適切な距離を取って(否定はしていない)、「本当に大切なことに集中する」方法が書かれています。

ぼくもあるのですが、調べ物をしようとグーグル検索からYouTubeにたどり着き、気がついたら関係ない動画を見ていた、というのはよくあるものです。

これで役立った、充実した時間だったと思えればまだいいのですが、たいして役に立っているわけでなく、何とも言い難い疲労感が残ります。

そのまま「今日は閉店」と寝てしまうことも(笑)

・・・

また、信号待ちやレジの列に並んでいるときなどのちょっとした隙間時間に「メール届いてないかな」とチェックしたくなることもあります。

ぼくはヤフーメールもよく使うので「おもしろい新着ニュースはないかな?」と見てしまうことがありました。

ちょっとした隙間時間ならまだいいのですが、文章を書いていて、ちょっと疲れたとき、集中力が切れたときにふと気になってしまうことも。

(今はこれを回避するためにブックマーク(お気に入り)はニュースの見出しが載っているトップページでなく、メールのログインページにしています)

これを本書では「スマホはスロットマシン」と指摘しています。

スロットマシンは当たりが出るかもという期待からのめり込んでいきますが、

スマホやフェイスブック、ツイッター、インスタも、見ると何かいいことあるかも(見ないと損するかも)と期待させるように設計されています。しかも無料だからなおさら見てしまう。

(現状、ネットの世界は広告収入で成り立っているので仕方ないか)

・・・

前半はこんなスマホ依存、スマホ疲れの原因が書かれています。

読んでいて「そうそう、それが言いたかったんだよ」という感じで引き込まれます。

スポンサーリンク

スマホ断食

中盤はこんな状況を回避する方法が書かれています。

30日間スマホ断食的にスマホを使わないようにして(連絡手段として最低限は使ってOK。その選び方も書いてあります)、

ちょっと暇になるとスマホに手が伸びる状況をリセットする(期間限定と考えると実行しやすい)

その後、厳選してアプリを入れ直すという手順です。

とはいえ「厳選したつもり」で失敗して元に戻ってしまうことが多いので、ここも詳しく書いてあります。

質の高い余暇活動

ぼくがこの本を読み直して特に印象に残ったのは終盤に書かれていること。

それは、スマホ依存を回避するには、テクニック的なことも大事だけれど、自分のやりたいことを持つことが大事という主張。

やるべきことや楽しみにしていることがないと、何となくスマホに手が伸びてしまうもの。

古代ギリシャの哲学者アリストテレスが提唱した「質の高い余暇活動」を引用しています。

・・・

これは必ずしも勉強しようというわけではありません。

自分がやっていて楽しこと、時間を忘れて没頭してしまうこと。

(幸福学では、幸福とは没頭している状態のこと)

ぼくは本を読んだり、経験から学んだことを記事にするのが好きで、これも質の高い余暇活動だと思いました。

この本では週末に自分で家のどこかを修理することも紹介されていました。

自分で庭を作るとか、網戸を張り替えるとか、いいなあと思いました。

この視点で考えると、新しい料理を作ってみるとか、運動を始めるとか、キャンプを始めるとか、いろいろありそうです。

こういうときに能動的にYouTubeを使って情報を得るのはいいそうです(わかる気がする)

・・・

ただ、質の高い余暇活動は、スマホやネットを使った趣味以外に何かやった方がいいと書かれていました。

ぼくは記事作成に偏っているので、アナログな質の高い没頭できる余暇活動を探してみたいと思います。

(この記事を書きながら思い立って、芝刈りをしました。久しぶりに電動バリカンも引っ張り出して)

SNSを全部消そう(上級編?)

最後にフェイスブックやツイッターなどSNSを全部消そう!と提案しています(上級編?)

「いいね」を押したり、友だちが投稿した写真に「かわいい」「おいしそう」と形式的にコメントすることはコミュニケーションにはならない(だんだん義務的になってしまう。毎回「いいね」しているのに、しないと勘違いさる気がする)

むしろ、こういった形式的なやりとりを多数の人とやればやるほど、逆に孤独が増長する、と社会心理学者の研究を引用しています。

スマホでのやりとりは「明日の10時は空いてますか?」といった「連絡事項」にとどめ(この点ではLINEやメールは優秀)、

会ったり電話したりと会話をしようと提案しています(電話がOKだからズームもいいんだと思います)

その他もろもろ

その他、孤独の価値(人はつながりを求める生き物だけれど、常時誰かとつながるようにはできていない)

長時間の散歩のすすめ(できれば森の中をメモを持って)

といったお話が出てきます。

・・・

今回は「デジタル・ミニマリスト」を読んで影響を受けたことをご紹介しました。

「本当に大切なことに集中する」こと。誘惑の多すぎる今の時代に大切なことだと思いました。

お盆休みの読書にぜひ。

デジタル・ミニマリスト(文庫本になってます)↓

Amazon.co.jp: デジタル・ミニマリスト スマホに依存しない生き方 (ハヤカワ文庫NF) eBook : カル ニューポート, 池田 真紀子: 本
Amazon.co.jp: デジタル・ミニマリスト スマホに依存しない生き方 (ハヤカワ文庫NF) eBook : カル ニューポート, 池田 真紀子: 本

今日のお話は以上です。最後まで読んでくださってありがとうございました。

牛込伸幸

▼シンプルに家計を管理する方法とマインド(考え方)を最初から順番にお伝えしていますメルマガ(無料)

FP事務所のご案内
https://fpushi.com/service

牛込伸幸

「お金のことを気にしないで暮らしていけたらなあ」こう思って家計の勉強を始めました。もちろん、ちゃんと管理してですよ(笑)
銀行で7年、保険代理店で3年働いた後、2009年からFP事務所を始めました。どんなご相談でもお客さまの人生全体を見渡してトータルに考えるように心がけています。
趣味はジョギングとスーパー銭湯です。
【資格】日本FP協会CFP(R)・FP技能士1級

フォローはお気軽に
書評 日々の暮らしのコツやマインド
スポンサーリンク
フォローはお気軽に
シンプルに家計を管理する方法:牛込伸幸FP事務所(群馬県高崎市・ズーム)
タイトルとURLをコピーしました