教育費を準備する方法

おはようございます。
群馬県高崎市のFP牛込伸幸です。

今日も自分のできることを
たんたんとやっていきたいと思います。

受験シーズンですので、今回は教育費について記事を書いてみました。

少し長くなってしまったのですが、全体像がしっかりつかめる内容になっていると思います^^

では始めます。

私立大学(文系)にアパートを借りて通う場合、4年間で平均約1,000万円かかるといわれます。年間250万円です。

これだけの金額を毎月のお給料やボーナスから出すのは難しいですよね。

日頃の生活にもいろいろお金がかかります。

さらに、子どもが2人以上いて、大学に通う時期が重なることもあります。

がんばって節約して…というレベルではありません。

・・・

大学の教育費が足りないからといって教育ローンのお世話になると、自分たちの老後資金の準備が遅れます。

最近は子どもが奨学金を借りて大学に進学するケースも増えています。

ムリのない範囲であれば、勉強への意欲が高まりそうです。

でも、金額が大きすぎると子どもが苦労します。

クルマを買うお金が貯められない、結婚資金が貯められない、

マイホームの頭金が貯まらない(住宅ローンが高額に)…と悪循環です。

・・・

こんなときは貯金ですね。

でも、幼稚園・保育園から小学校、中学、高校の教育費もあるので、どうやって準備したらいいでしょうか?

今回は、そんなお話をします。


●教育費の役割分担

教育費の準備は役割分担が重要です。それは、

・幼稚園~高校までの教育費

・大学や専門学校の教育費

この2つの役割分担です。

幼稚園~高校までの教育費は日頃の収入から支出します。

そして、大学などの教育費を貯金で準備します。

「子どもが生まれたらすぐ」がベストです。まだやっていない方は「今」ですね。


●教育費準備の目安

子どもが生まれたとき、どんな進路になるのかわかりません。

よくいわれる貯金の目安は、子ども1人500万円です(国公立に自宅から通うケースの平均程度)

これを子どもが高校を卒業する18年後に向けて貯金します。

そして、子どもの成長に伴って、進路が決まってきたら修正します。

決まってから準備したのでは間に合いませんが、ベースがあると対応しやすいです。

・・・

ただ、子どもが高校を卒業するまでに全額準備する必要はありませんよね。

大学に通う時期に出すこともできるからです。


●具体的なつみたて計画

先ほどの目安の500万円を毎月同じペースでつみたてする場合、毎月約24,000円です。

(500万円÷18年÷12か月=約23,148円)

毎月24,000円つみたてすると、18年後に約500万円貯まります(利息無視)

(毎月1万円とボーナス1回84,000円でもOK)

子ども2人ならこの2倍です。

こうしたつみたて貯金を行いながら、高校までの教育費は毎月(毎年)の収入から出していきます。

私立を選ぶ場合は、つみたて貯金を行いながら支出することができるか考えます。

特に、小学校や中学から私立に通う場合、期間が長いですから。


●つみたてのペース配分

夫婦共働きであれば、先ほどのように同じペースでつみたてしていいと思います。

ただ、子どもが小さいうちは仕事をしないで、子育てが落ち着いたらパートを始めるといった場合、ペース配分が必要です。

このような場合、最初は児童手当でつみたて貯金をはじめて、収入が増えたところで金額を上げるなど、ペース配分を考えます。

・・・

今回は教育費について、その全体像をお話しました。

繰り返しになりますが、長期の計画ですので、まずは子どもが高校を卒業するまでに1人500万円を目安に貯金をスタートして、

(もちろん、計画によって金額は変えてOKですよ)

進路が決まるにつれて修正していくのがいいと思います。

ぼくも子どもが生まれてから毎月同じ金額を貯金しているのですが、もうそれが当たり前になっていて、それをもとに生活費が決まっている感じです。

これを続けていると、必要な時期に必要なお金が貯まるという安心感が生まれます。

また、今はこのペースは難しいという場合、できる範囲でやっていってください。

あきらめて貯金をしないというのがいちばんよくありませんので。

教育費やその準備の方法を詳しく知りたい方はこの講座がお役に立てます。


●牛込伸幸の教育費講座【ご案内】
https://sites.google.com/site/jiaoyufeizhunbeijiangzuo/


牛込伸幸FP事務所

Follow me!