住宅ローンの団信保険。よくある勘違いに注意。保障は誰に?

おはようございます。群馬県高崎市のファイナンシャル・プランナー(FP)牛込伸幸です。

「住宅ローンの団信保険、誰についているものですか?」

これは生命保険のご相談を受けたとき、必ず確認することです。これによって必要な保険が大きく変わるからです。もちろん保険料にも影響大。

団信保険(団体信用生命保険)とは、住宅ローンを利用するとき加入する保険。

保障の対象者が万一亡くなったとき(所定の高度障害状態のときも)、住宅ローンの返済が免除になるというものです。

例えば、住宅ローンがあと2,000万円残っているなら、その返済が不要になるということ。

民間の銀行はこの団信保険に入らないと住宅ローンを借りられないところも多いです(保険料は一般的には住宅ローンの金利に含まれているので加入していることも忘れがち)

スポンサーリンク

夫婦それぞれで住宅ローンを借りている場合の団信保険

冒頭の質問ですが、夫だけが住宅ローンを借りている場合はわかりやすい。夫にだけ団信保険の保障がつきます。

でも、ご夫婦で借りている場合は注意が必要です。勘違いしている方がいますよ。

例えば、夫が2,000万円、妻が2,000万円借りた場合(住宅ローンが2本)。夫が亡くなった場合、夫の分の住宅ローンの返済は免除になって、妻の分の返済はそのまま残ります(返し続ける必要あり)

スポンサーリンク

連帯保証人の場合の団信保険

少しややこしいのが連帯保証の場合です。

例えば、住宅ローンの審査で夫の収入だけでは全額借りられない場合、妻の収入を足して審査を通すことがあります。これを収入合算といいます。

この場合、多くの銀行では債務者は夫、妻は連帯保証人となります。この場合、団信保険は一般的には夫にしかつきません。

・・・

住宅ローンの借り入れ形態はいろいろあって、その形態によって団信保険の対象も変わってきます(さらにフラット35では連帯保証でなく、連帯債務という形態もあります。長くなるので今回は割愛)

ぼくも複雑なことは省いてできるだけシンプルにご説明しているつもりですが、それでも一般の方にはややこしいと思います

ですから銀行に聞いてしまうのが簡単で確実です(これが今回、いちばん主張したいことです)。「団信保険の保障の対象は誰ですか?もし、対象が2人なら保障はそれぞれいくらずつですか?」こんな感じで確認します。

これから住宅ローンを借りる方はメモを取っておくといいですね。

PS.
団信保険は一般的なタイプのほかに、がんのとき、三大疾病のとき、働けない状態になったときなど、追加で保険料を払うことで、保障をプラスできるものもあります。

PS2.
健康状態によっては団信保険に入れないこともあります。そうすると民間の銀行では住宅ローンを借りるのは難しいと思います。
その点「フラット35」は団信保険に入らなくても住宅ローンを借りられます。ただ、その場合、債務者に万一のときも、住宅ローンの返済は残ります。

※この記事は一般的な事項をご説明しています。また、その正確性について保証するものではありません。詳しくはお取り扱いの金融機関にご確認ください。当ブログの情報によって生じたいかなる損害についても、補償はいたしません。

今日のお話は以上です。最後まで読んでくださってありがとうございました。

牛込伸幸

▼シンプルに家計を管理する方法とマインド(考え方)を最初から順番にお伝えしていますメルマガ(無料)

FP事務所のご案内
https://fpushi.com/service

牛込伸幸

「お金のことを気にしないで暮らしていけたらなあ」こう思って家計の勉強を始めました。もちろん、ちゃんと管理してですよ(笑)
銀行で7年、保険代理店で3年働いた後、2009年からFP事務所を始めました。どんなご相談でもお客さまの人生全体を見渡してトータルに考えるように心がけています。
趣味はジョギングとスーパー銭湯です。
【資格】日本FP協会CFP(R)・FP技能士1級

フォローはお気軽に
住まい・住宅ローン
スポンサーリンク
フォローはお気軽に
シンプルに家計を管理する方法:牛込伸幸FP事務所(群馬県高崎市・ズーム)
タイトルとURLをコピーしました