5月も終わり。月末残高を記録して家計をリセットしましょう

月末残高を記録する

明日で5月も終わりですね。今月は連休があったりでお財布が荒れたかもしれません。ここで一旦、立て直しましょう。

月末のおすすめは残高の記録です。

今月はうまくやりくりできたという人も、そうでなかった人も、残高を確認してまた新しい気持ちで新しい月を迎えましょう。

家計リセットです^^

キッチリとした家計簿をつけていなくても、

・毎月、月末残高を記録する

・前の月と軽く比べる

たったこれだけのことで(よくある家計簿のように日々の支出を記録する必要なし。月に1回つけるだけ)、ほどよい緊張感を保つことができて、家計がそう大崩れしなくなります。

もしかしたら続けているうちに、もうちょっと家計のこと、詳しく把握したくなるかもしれません。

もちろん、残高を記録して、ほどよい緊張感を保つだけでも全然いいわけです。

月末残高の記録、ぜひやってみてください。それでは今月も楽しく過ごしましょう^^

【ちょっとしたコツ】

・公共料金などの引き落としが休日の関係で翌月にズレた
→今月引き落とされたとして記録しましょう。

通帳の残高が月末に確認できない→時間のあるときで大丈夫です。記録が残ってますからね。ネットで確認できるようにしておくと便利です。

・月末に現金の記録をするのを忘れてしまいました
→気づいたときに記録すればOKです。2、3日ずれても大勢に影響ありません。やらないより100倍いいです。だんだん習慣化します。やらないと気持ち悪くなる。

詳しい方法はこちらの記事で↓

月末残高を記録する:家計の最初の一歩。家計簿が続かない人にもおすすめ
家計簿はどうも苦手!という方、多いと思います。ぼくもいろいろな家計簿を試しました。でも、なかなか長続きしません。 最初の3日はやる気満々。でも、だんだん面倒くさくなって、しだいに記入漏れが目立つように。ちょっと気を抜くと、...

▼シンプルに家計を管理する方法とマインド(考え方)を最初から順番にお伝えしていますメルマガ(無料)

FP事務所のご案内
https://fpushi.com/service

牛込伸幸

「お金のことを気にしないで暮らしていけたらなあ」こう思って家計の勉強を始めました。もちろん、ちゃんと管理してですよ(笑)
そして銀行で7年、保険代理店で3年働いた後、2009年からFP事務所を始めました。得意は住宅ローン、家計と保険の見直し。もちろん人生全体を見渡してトータルに考えるように心がけています。
趣味はジョギングとスーパー銭湯です。
【資格】日本FP協会CFP(R)・FP技能士1級

フォローはお気軽に
ルーティン記事
スポンサーリンク
フォローはお気軽に
シンプルに家計を管理する方法:牛込伸幸FP事務所(群馬県高崎市・ズーム)
タイトルとURLをコピーしました