投資信託や外貨預金を始めるときの注意点

今回は、投資信託や外貨預金といった、増える可能性もあるけれど、元本を割る可能性もあるリスク系の金融商品についてお話します。

でも、どんな商品がおすすめか?といった話は出てきません。

失敗しがちなことは何か?どこに注意したらいいか?といったお話です。

こういった基本中の基本を知らずに、失敗している人をたくさん見てきました。ぼくも失敗してきました。

・・・

今は投資信託や外貨預金、FXといった資産運用の本や雑誌、サイトがたくさんあります。

ただ、いいことばかり書いてあって、リスクの説明が不十分です。誤解を与えます。

もし、資産運用を始めるのであれば、今回お話するリスクを知ったうえで、勉強して、経験を積んでいっていただきたいと考えています。

・・・

また、最初に強調したいのは、無理に投資信託などでお金を運用する必要はないということです。

本や雑誌を読んだり、金融機関の窓口で相談すると、こうした商品で運用するのが今の常識、やらないと乗り遅れますよ!みたいなトーンの話が多いです。

「老後資金の準備は大変ですね。今は定期預金の利息も雀の涙。だったら投資信託で運用して増やす方法がありますよ。分散投資を活用すれば、リスクを抑えて賢い投資ができます…」こんな感じ。

ぼくもよく本を読むのですが、正直、またこのストーリーかと思ってしまいます。

でも、そんなことはありません。

知識や経験もなく手を出せば、せっかく貯めた自分の大切なお金をリスクにさらすことに。

もちろん、ぼくは投資信託などを否定するつもりはありません。知識と経験を積んで、適切な方法で運用すれば、有効な資産運用手段だと思います。

でも、そういった基本を知ることなく、勧められるままに手を出してしまっている人が本当に多いです。

ネコちゃんが道路をエイッと渡ってしまうような危うさを感じます。

前置きが長くなりましたが、投資信託などの注意点をお話していきます。

スポンサーリンク

金融機関でのよくある風景

ぼくが金融機関の窓口に行ったときの話です。

隣の相談カウンターで定年退職を迎えたご夫婦が退職金の運用の相談をしていました。

金融機関に相談に行くと、自分にあった資産運用の方法を知るためと称した質問シートに答えることがあります。

それに答えると「あなたは安定タイプです」とか、「積極タイプです」といった結果が出るわけです。性格判断みたい。

そして、それをもとに「こんな投資信託がおすすめです」という流れになります。

  • 定期預金に〇%
  • 日本株の投資信託に〇%
  • 外国株の投資信託に〇%

分散投資しましょうといった感じです。

特に初めての方は、こういった資料を見ると、そんなものかなと思ってしまうものです。

むしろ知的でカッコいい感じがする。ぼくも最初はそう思ってました(笑)

・・・

先ほどのご夫婦のお話に戻ると、退職金の相談のコワいところは金額が大きいことです。

「今回は日本株の投資信託に100万円、外国株の投資信託に100万円の投資から始めてみましょうか。そして、慣れてきたら少しずつ増やしましょう…」

こんなトークが多いのです(えっ、いきなり100万円ですか)

質問シートの結果ではもっと投資信託を買ってもいいんだけど、最初だからこのくらいにしておきましょうという感じです。

こうお話されると、自分のことを考えてくれて良心的だなあとさえ思ってしまいます。そんなことないです。

また、2,000万円、3,000万円といった資金の相談だと100万円が小さく見えるのです。

でも、知識や経験がないのに投資信託や外貨預金に100万円単位のお金を投資するのは絶対にやめるべきです。

金融機関の窓口で何回か説明を受けたくらいでは全然足りません。

2時間の解説動画を見ただけで、ヨットで太平洋にこぎ出すようなものです。

もちろん、最終判断は自分で行うので、そこは自由というか自己責任です。でも、本当にリスクを理解しているのかなと思ってしまいます。

・・・

もしぼくが投資信託などを始めるとしたら、紙くずになってもいい金額で小さくテストします。今は1万円もあれば複数の投資信託に分散投資も可能です。

なかには100円から買えるネット証券もあります。

実際に持ってみて投資信託や外貨預金の価格がどんな感じで上がったり下がったりするのか経験を積んでほしいです。

できれば、少額で練習するときにリーマンショックのような経済危機を一度は経験してほしいです。

もし、経験不足で100万円単位の投資をしていたら、経済危機のときに生きた心地がしないと思いますよ。

スポンサーリンク

素人は食い物にされる

株や投資信託などの基本は、安いときに買って、高いときに売ることです。

でも、これができたら苦労はありません。

だいたい素人がやると、値下がりすると、もっと下がるんじゃないかと不安になって売ってしまったり(その後、上がったり)

逆に値上がりすると、そろそろ値下がりするんじゃないかと思って売ってしまったり(その後も上がり続けたり)します。

または、

値下がりしたときに売るタイミングを逃し、そのままズルズルと値下がりしてしまったり(いわゆる塩漬け

やることなすこと裏目にでます。だいたいこんなものです。素人がカンタンに勝てるような世界ではありません。

ぼくも勉強をして経験も積んできたつもりではありますが、投資の世界では全然、余裕で素人に入ります。

でも、安いときに買って、高いときに売ることがいかに難しいかは経験から知っています。

本をちょっと読んでわかったつもりになると、あとで痛い目にあいます。

だからもしやるとしたら少額でテストです(くどい・笑)

投資信託はプロが運用してくれるから安心?

投資信託を持ったことがない方に意外と多いのは、投資信託はプロが運用してくれるから大丈夫という誤解です。

実はお恥ずかしい話ですが、ぼくも最初はそう思っていました。大学生のときです。

プロが運用するんだから、元本割れすることはないだろうと思っていました。もちろん、そんなことはありませんよね。

日経平均株価が下がれば(ニュースで毎日紹介されるあれ)、ほとんどの日本株の投資信託は値下がりします。

今思うと、笑っちゃうというか恐ろしいです。知らないって怖いです。

分散投資でリスクは分散されるか?

日本株、世界株、地域や業種別…と投資対象を分散すればリスクが分散されますよとよく本に書いてあります。

世界のある国や地域が調子が悪くても、調子がいい国や地域がそれをカバーしてくれるという理屈です。

でも、今は世界の経済は繋がっています。こっちが良くて、あっちが悪いみたいな単純な話ではなくなっています。

もちろん、ひとつの国や地域に集中投資するのはよくないと思いますが、だからといって分散すればいいというほど単純ではありません。

・・・

分散投資にはもうひとつ、「時間の分散」があります。

でも、これも先ほどお話したように持ち続けるにもメンタルが必要です。

逆にほったらかしたらいいというわけでもありません。

もっともやってはいけない資産運用

「老後資金の目標は2,000万円で、年間5%で運用できれば、目標の金額を準備することができますよ」

資産運用の本や雑誌を読んでいると、こんな記事を見かけます。老後資金の貯金が間に合わないから、資産運用で増やせばいいという話です。

足りなければ足りないだけ、高い利回り(パーセント)で運用する必要があります。

でも、これ、コワいですよね。

リターンが高ければ、高いリスクも同時に抱えることになります。ただでさえ足りないところに大きなリスクを取るなんておかしいです。

よくわからないものには手を出さない

これは資産運用に限りませんが、よくわからないことには手を出さないことが重要です。

プロの方がいうから、人気があるから、友だちが持っているからというのはよくありません。

リターンの裏には必ずリスクがあると思っておいてください。

リターンが高くてリスクが少ないなんてことはありません。そう見えたとしたら、それはリスクが見えにくくなっているだけです。

・・・

今回は投資信託や外貨預金についてお話してきました。

もし、やってみようと思ったとしても、紙くずになっても後悔しないような少額で練習することから始めることをおすすめします。

また、ぼくとしては、

  • もしものときのお金(生活費3~6か月分)
  • 使う予定のあるお金(クルマ、家、教育費など)
  • 必要な自己投資

といったお金では投資信託のような資産運用はすべきではないと考えています。例えば貯金が100万円なのに、投資信託をするとかあり得ないと思っています。この段階は仕事や節約に励むべきです。

今回はなんだかお説教みたいで申し訳ございませんでした(笑)

でも、資産運用の世界は本や雑誌、金融機関の担当者がすごいことをさらっというのでこれだけは言っておきたいと思いました。

▼シンプルに家計を管理する方法とマインド(考え方)を最初から順番にお伝えしていますメルマガ(無料)

FP事務所のご案内
https://fpushi.com/service

牛込伸幸

「お金のことを気にしないで暮らしていけたらなあ」こう思って家計の勉強を始めました。もちろん、ちゃんと管理してですよ(笑)
銀行で7年、保険代理店で3年働いた後、2009年からFP事務所を始めました。どんなご相談でもお客さまの人生全体を見渡してトータルに考えるように心がけています。
趣味はジョギングとスーパー銭湯です。
【資格】日本FP協会CFP(R)・FP技能士1級

フォローはお気軽に
資産運用
スポンサーリンク
フォローはお気軽に
シンプルに家計を管理する方法:牛込伸幸FP事務所(群馬県高崎市・ズーム)
タイトルとURLをコピーしました